出産費用は平均で50万円程度かかるといわれています。そこから補助金を引いた金額が自己負担額です。出産総額は地域や病院ごとに異なり、また出産にはそれ以外にも多くの費用がかかります。出産に「かかる費用」「もらえるお金」を解説します。

出産費用の総額と平均自己負担額

出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

出産費用の具体的項目は「入院料/室料差額/分娩料/新生児管理保育料/検査・薬剤料/処置・手当料/産科医療補償制度/その他」があり、その総額が実際にかかる出産費用となります。

通常分娩の場合の出産費用

出産費用は地域差があり最高値と最低値の金額差は20万円以上になります。全国平均は40万~60万円。そこから補助金42万円を引いた金額が実質的な支払金額です。病院や入院日数、地域により総額が42万円以下になる場合があり、その差額は後日妊婦側へ支払われることになっています。また、無痛分娩での出産の場合は別途平均10万~20万円かかります。麻酔代や子宮口を広げる処置、陣痛促進剤の使用など医療行為の追加料金です。

帝王切開など異常分娩の場合の出産費用

異常分娩とは、帝王切開や吸引分娩、鉗子分娩などを指し、通常分娩とは違い健康保険が適用されます。しかし、それでも通常分娩より実費は10万~20万円ほど多くなるでしょう。総額平均値は50万~75万円で、補助金42万円を引いた金額を支払うことになります。

出産費用に差が出る要因

出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

地域や利用する医療機関によって出産費用に差が出てきますが、どのような理由によるものなのかまとめました。また、支出を抑えたい方も下記項目をチェックすると良いですよ。

地域

公益社団法人国民健康保険中央会から、平成28年度の通常分娩での平均値が出されていますので、およその金額や差を確認できます。

地域 出産費用
最高額 東京都 621,814円
最低額 島根県 396,331円

最高額の東京都と最低額の島根県での差額は22万円以上です。

医療施設

医療機関名 出産費用
病院 511,652円
診療所(クリニック) 501,408円
助産院 464,943円

同様にどういった医療施設で出産するのかによっても費用が違ってきます。約5万円の差があります。

出産の日時

出産費用には土日祝日料金と深夜料金、時間外料金が別途発生します。通常分娩や緊急帝王切開では事前に出産日時を決めることはできませんが、計画帝王切開をされる場合はこれらを考慮すると良いでしょう。

入院日数

母体の回復が遅れた場合、担当医の判断で入院が伸びることがあり、1日ごとに入院料が加算されます。それとは反対に、母子共に経過が良好な場合は担当医と相談のもと早めの退院ができ、その分入院料金が安くなります。先生の了承が出た場合のみですので、無理をせずに先生の指示に従いましょう。

室料

個室・少人数部屋・大部屋があり、個室は一番料金が高く15,000円~30,000円くらい、大部屋になると無料やそれに近い料金です。個室はプライベートが確保されるだけではなく、小さな子供を含む家族の宿泊も可能なのでその分高額になります。

健康保険や医療保険が使えるケース

出産費用は平均でいくら? 相場・補助金・保険、出産にかかる費用を徹底解説!
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

体にメスを入れたり医療器具を使用したりした場合は、ほぼ健康保険や医療保険が適用されます。帝王切開・吸引分娩・鉗子分娩などがそれに当たります。分娩を促進するための誘発分娩や帝王切開術無しの場合の骨盤位分娩は、担当医師が「医療行為」とみなした場合のみ一部健康保険や医療保険の対象になります。

通常分娩は病気ではないため健康保険は使えません。同じく無痛分娩も健康保険、医療保険の対象外です。妊娠22週0日から36週6日までの期間の出産を「早産」と呼び、「早産」になりそうな母体の状態を「切迫早産」と言います。この状態や重度のつわりなどで医師が要入院・要検査と判断した場合は、健康保険や医療保険の適用となります。