ハワイの美容界を牽引してきたスクールがある。 ローカルの生徒だけでなく、M1ビザに必要なネイルプログラムのI-20発行可能校として、日本からも正規留学生を迎え入れてきた専門学校である。  2004年にハワイ初のアメリカ政府認定のネイル専門学校として開校した「ホノルルネイルアカデミー」。 2019年に「ホノルルネイル&エステティクスアカデミー」と改名された。 スクールの校長を務めるのはハワイ在住のユウコ・ホーさん。 開校から3年後の2007年にはプロフェッショナルネイルサロン「ピュアネイルズ&ビューティー」も立ち上げた。 「開校したスクールの卒業生たちから『卒業後は、ユウコ先生のもとで働きたい。 取得した免許で働かせてほしい。 』という声を聞くようになりました。 それならばと、資格取得をサポートするだけでなく、その後のハワイでの就職も応援したいと思ったんです。 」とユウコさん。  ドン・キホーテ、カヘカ店内にオープンしたネイルサロンはハワイで唯一、真夜中12時までの営業で、手頃な値段で確かな技術を提供するサロンとしてあっという間にロコたちの間で人気となった。 ネイルサロンに続き、ロコガールたちの多くの声に応え、まつ毛エクステンションのサロンもオープン。 そんなサロンで働くのはもちろん「ホノルルネイル&エステティクスアカデミー」で正しい技術を身につけ、ハワイ州の資格を持ったネイリストやエステティシャンたち。 綺麗になりたいと願い、仕事帰りに駆け込むOLたちや、在住日本人のリピーターたちが後を絶たない。  移転したスクール!さらに学びやすい環境へ 開校以来、600人を超える卒業生を生んできた「ホノルルネイル&エステティクスアカデミー」は2022年の3月、イヴィレイにスクールを移転。 より多くの学生たちを受け入れることができるようになった。  現在、ネイルの技術はもちろん、州の認可を得てライセンス・エステティシャンプログラムにより、フェイシャル、まつ毛エクステンション、アートメイクなどの授業も行っている。 「例えば、エステティックのライセンスコースは600時間の勉強が必要です。 日本人の生徒さんたちには日本語のサポートはしますが、授業は英語で行われるので大変です。 けれど、どの生徒さんたちも夢を持って、毎日頑張っていますよ。 」とユウコさん。 パンデミックとなり、様々な状況を背景に、手…

提供・LaniLani



【こちらの記事もおすすめ】
思わず共感する40代独身女性あるある
100均グッズで宅飲みをワンランクアップ
生活費月100万円超「ご近所セレブ」の実態
旅行のお土産、いくらが適切?
あぁ、癒やされる。飼いやすいペット5選