性別に関係なく中性的な名前に人気が集まっていますよね。響きが素敵で綺麗な名前には、中性的な名前が多いのです。生まれてくる子に願いを込めて「名前」という最初の贈り物。中性的な名前なら、性別を聞かなくてもお腹の子に名前を呼びかけられますね。

男女共通のキレイな名前は?

中性的な名前特集!女の子にも男の子にも使える!
(画像=『Lovely』より引用)

昔、「女の子、男の子?どっち?」と思わせる名前の同級生はいなかったでしょうか?

また、音の響きから女の子、もしくは男の子だと思っていたら、実は逆の性別だった、という経験はないでしょうか?

女の子でも男の子でも使える中性的な名前は便利だし、成長してもいろいろなキャラクターをイメージしやすく、今人気が高まっています。

中性的な名前はスッキリした響きのものが多く、子育てで名前を呼ぶのも便利です。漢字によって、様々な意味を持たせることもできます。

今回、外国人風な響きのあるものも含め、中性的な名前をピックアップしてみました。これから子供に名前を考える予定の人は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

気を付けること

名付けは、ひとりの人間が一生使うものです。親の思いが籠った名前を付けますが、親のエゴにならないようにしなければいけません。

「こうなってほしい」と「こうならなければいけない」は違いますよね。中性的できれいな名前を付けようとしているのなら、性別に関係ないエゴを入れない名前を付けてあげましょう。

あとは、あまりにもこだわり過ぎて、周囲から冷やかされるような名前は控えたいですよね。「名前負け」という言葉がありますが、実際の性格と正反対の意味合いを持つ名前だと冷やかされてしまうかもしれません。

子供に負担をかけない名付けも、親の大事な仕事です。

おすすめの漢字を使った名前

中性的な名前特集!女の子にも男の子にも使える!
(画像=『Lovely』より引用)

性別関係ない感じで、イメージがよく人気の高い漢字をピックアップしてみました。どの漢字も、文字そのものに素敵な意味があり、響きも良く、見ればなるほど!と納得のいく漢字ばかり。

今や、名前も外見も中性的が人気!それに、性別を気にせずお腹の赤ちゃんの名前を決める時にも人気ですね。

【聖(ひじり)】

清らかで、高貴なイメージの名前である「聖(ひじり)」。

耳と口と王で構成される漢字そのものにも、「賢者」や「道理のわかっている人」という意味があります。「聖なる」「聖職者」という単語からも、なんとなく想像できますね。

清らかで品のある、知識にあふれた賢い人になってほしいという願いをこめて、つける人が多いようです。

【樹(いつき)】

「樹」は簡単な「木」と違い、大地にしっかりと根付き、葉っぱを大量に芽吹かせるまでに育つ大きな樹をイメージさせます。

子育て中も、すくすくと育ってくれそうですね。樹(いつき)はどちらかと言うと、男の子の響きのある名前です。

「大樹ように、すくすくと大きく育ってほしい」「まっすぐ伸びる大樹のように、芯のぶれない人間になってほしい」という願いをこめて、つける人が多いようです。

【絆(きずな)】

人とのつながりを重視した、意味そのままの名前である「絆(きずな)」。

子育て中のママも、成長して多くの人と関わっていく中で、人とのつながりは欠かせないものです。この漢字は単なる交際でなく、人同士の深いつながりを表します。

「誰とでも絆を持てるように、誠実な人間になってほしい」「誰からも信頼される人間になってほしい」願いをこめて、つける人が多いようです。

【翼(つばさ)】

空に羽ばたいていく大きな鳥をイメージさせる「翼(つばさ)」。

漢字で書くと男の子のイメージが強くなるし、ひらがなで書くと女の子のイメージが強くなります。

いずれにしても、「翼」本来の持つイメージ通り、「見えない翼を広げて、無限の未来に飛び立ってほしい」という願いをこめて、つける人が多いようです。

【瑞(みずき)】

「瑞(ズイ)」という言葉自体、あまり馴染みがないかもしれませんね。「瑞」という漢字には、天子が諸侯に授ける宝石という意味があり、めでたいことを表します。

最近は、「みず」という響きを文字って、名前にも「みずき」として使われるようになってきました。響きだけだと女の子よりですが、他の感じとの組み合わせで、十分男の子らしくなります。たとえば、「瑞樹」や「瑞生」がそうですね。

「フレッシュに活き活きと生きてほしい」という願いをこめて、つける人が多いようです。

【柚(ゆず)】

柚と聞くと、さわやかな柑橘系のフルーツを思い浮かべますよね。柚は冬至の日の「ゆず湯」にも使われ、健康美を彷彿とさせます。

「ゆず」という響きが可愛らしく、どちらかと言うと女の子をイメージさせますが、健康のシンボルとして、男の子の名前としても人気があります。

「さわやかに、健康に育ってほしい」「一生健康で過ごせるように」という願いをこめて、つける人が多いようです。

【蛍(ほたる)】

田舎の草むらで、おしりをポッと光らせ、可憐に飛び交う虫と言えば蛍。夏の風物詩にもなっていますね。

蛍の光を見て、心がホッと和むような感じがすることから、「蛍」という名前には、穏やかで和やかな環境を提供するという意味があります。

「何事もしなやかに行動して、穏やかな希望の光を届けてほしい」というのが、「蛍」という漢字に秘められた意味ではないでしょうか?

【千尋(ちひろ)】

映画「千と千尋の神隠し」で、なんとなく女の子のイメージの強い名前ですが、男の子だって問題なく使えます。

「尋」は訓読みで「たずねる」と読み、知的好奇心や探求心、冒険心を意味する漢字です。

「好奇心旺盛で、何にでも興味をもって挑戦する子になってほしい」「物事に集中して取り組んでほしい」という願いをこめて、つける人が多いようです。

【未来(みらい)】

これほど文字通りの名前もそうないですね。わかりやすく、「未来へ歩んで行く」という意味があり、とても前向きなイメージを与えてくれますね。

また、「明るい未来を照らしてくれるように」といった先導者的な意味もあり、いずれにしても未来への輝く希望を求めて、つける人が多いようです。

【千春(ちはる)】

春の暖かなイメージからか、生命の息吹を感じさせる、可愛らしい響きのある名前です。

「千春」という漢字の由来は、「千の春を迎えられるように」、つまり「何回も誕生日を迎えられるように」という想いが込められています。

女の子でも男の子でも、健康に長生きしてほしいという親の思いは変わりないのです。