里帰り出産の期間はどれくらいなのか、いつからどんな準備を始めたら良いか悩むものです。ここでは、里帰り前2ヵ月から里帰り中まで何を準備したら良いか順を追ってご説明。さらに夫や実家にどんな準備や配慮をしたら失敗ない里帰りになるのかもご紹介します。

里帰り出産をする人の割合は?

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

初めての出産は、どうしても不安になってしまいます。「里帰り出産」は実の親に頼れる、心強い方法です。では、一体どれくらいの人が里帰り出産を選んでいるのでしょうか。実際に里帰り出産を選んだ人は、アンケートによると約50%とされています。また、妊娠中のプレママを対象としたものでは、40%が里帰りを希望しています。これらを合わせて考えると、5割程度の人が里帰りを希望・実際に行ったと考えられるでしょう。

里帰りの期間はどれくらい?

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

里帰りの平均期間がどれくらいのものか知っていますか。里帰りをしようと思っているのであれば、パパや親との話し合いが必要です。しかし、基本的な期間を知らなければ、話し合いを進めることも困難です。そこで、いつから里帰りをするのか・いつまで里帰りをしているのか、などの基本的な部分を説明していきます。

里帰りはいつからするのか

里帰りの平均的な開始時期は、妊娠32週~35週(妊娠9ヶ月)頃というママが一般的です。実家が遠方の場合や、双子などのハイリスク妊娠の場合は、もう少し早めても良いかもしれません。また、臨月はトラブルが起きやすいため、移動は避けた方が無難です。

いつまで里帰りしているのか

産後のママの体は疲れ切っています。また、産後1ヶ月で赤ちゃんの最初の検診が行われます。体を休め、赤ちゃんの健康を確認するためにも、この1ヶ月が里帰りを終了する一つのラインとなります。全体的な傾向としては、産後1ヶ月~3ヶ月で自宅に戻ることが多いですね。

里帰り出産の準備は計画的に

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

里帰り出産を行うためには、しっかりとした準備が必要です。実家側の病院の出産予約などは、時期を逃すとできない場合が多々あります。また、病院の数自体が少なく、出産できる病院が見つかりにくい可能性も考えられます。お金や身の回りのものなどに気を取られがちですが、順を追って用意していくようにしましょう。

里帰り2ヶ月前までに必要な準備

里帰り出産の期間は? いつからどんな準備を始めるか順にご紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ここでは、里帰り出産を決めた時点から、里帰りする2ヶ月前までにしなければならない準備を説明していきます。このあたりの時期は、里帰りまでに充分な時間の余裕があります。細かな部分を家族と話し合い、内容を詰めて行きましょう。

夫と里帰りの期間を相談

里帰りの平均期間を参考にしながら、どれくらいの期間家を空けなければならないか、などをパパと相談しておきましょう。男性は、産後の女性がどのような体調であるのか分からないことが多いため、資料を準備しておくと便利かもしれません。また、家庭環境や体の丈夫さはそれぞれ違うため、里帰り期間がずれる可能性があることも伝えておきましょう。パパがどれくらいの頻度で赤ちゃんに会いに来られるかなども確認しておきたい点です。

実家に里帰りの期間を相談

受け入れ先である実家と、里帰り期間の相談をしておきましょう。親の体調や仕事の都合などで、長期での受け入れが難しいことも考えられます。どれくらいの期間、どの程度手伝って貰えるのかを話し合い、お互いに擦り合わせておきましょう。

夫と実家へのお礼について決める

感謝の気持ちや、実家の金銭的な負担を考え、お礼についてパパと話し合っておきましょう。相場としては、1ヶ月あたり2万程度とされています。現金でのお礼に抵抗がある場合は、同額の商品券などもおすすめです。実家のご両親が受け取りやすい方法を選ぶようにしましょう。