出産予定日は最終月経日がわかれば自分で計算することができます。月経周期が何日かも日頃から把握しておくとより正確に計算できますよ。計算方法や妊娠中の過ごし方、出産予定日を過ぎた時はどうなるか…などについて紹介します。

出産予定日を自分で計算する方法

出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

出産予定日とは、赤ちゃんが生まれてくる確率が高い日のことを言います。出産予定日ぴったりに生まれる赤ちゃんは少なく、出産予定日は赤ちゃんが生まれる時期の目安としましょう。

出産予定日の計算方法1:最終月経開始日から280日後

出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

出産予定日は、最終月経開始日から280日にあたる日です。

妊娠週数でカウントすると、最終月経開始日を妊娠0週0日とし、妊娠40週0日が出産予定日になります。最終月経開始日から40週間後が出産予定日です。

出産予定日の計算方法2:ネーゲレの概算法

出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ネーゲレの概算方法を使うと、計算式で簡単に出産予定日を出すことができます。

  1. 最終月経日をX月Y日とします。
  2. 「Xに9を足すか、3を引く」と、出産予定日か何月かがわかります。

※1~3月なら9を足す、4~12月なら3を引きましょう。

  1. 「Yに7を足す」と、出産予定日が何日なのかがわかります。

ネーゲレの概算方法で計算してみると

  • 最終月経日が【1月2日】だった場合

1(月)+9=10、2(日)+7=9となり、出産予定日は【10月9日】と計算できます。

  • 最終月経日が【10月25日】だった場合

10(月)-3=7、25(日)+7=32(32から31を引いて1とする)となり、出産予定日は【7月1日】と計算できます。

  • 最終月経日が【5月23日】だった場合

5(月)-3=2、23(日)+7=30となり、出産予定日は2月30日となりますが、2月は28日もしくは29日なので、【2月末か3月1日あたり】が出産予定日となります。

多少のずれは生じるもの

ネーゲレの概算方法は、月経周期が28日で1ヶ月を31日として計算しているので、多少のずれが生じます。

月経周期が22日の場合、ネーゲレの概算方法で出した出産予定日から6日を引いた日にちが出産予定日です。月経周期が33日の場合、ネーゲレの概算方法で出した出産予定日に5日を足した日にちが出産予定日です。

最終月経日から280日後を計算する方法だと、1ヶ月が28日、29日、30日の月も考慮して出産予定日を出すことができますよ。

出産予定日の自動計算ツールも便利

出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

出産予定日を自動で計算してくれるツールも便利です。

以下のサイトでは、最終月経日か排卵日から出産予定日を計算してくれます。月経周期も22~33日から選択できるので、28日周期でない人の出産予定日も簡単に出すことができますよ。

病院の超音波検査で出産予定日を確定させよう

出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

月経最終日やネーゲレの概算方法で計算した出産予定日より、病院で超音波検査(エコー検査)をしてもらい胎児の大きさから予測した出産予定日の方が正確です。妊娠検査薬などで妊娠がわかったら、妊娠7週~11週の間に病院で超音波検査(エコー検査)をしてもらいましょう。

出産予定日がわかったら産休開始日を計算できる

出産予定日の計算は簡単! 出産予定日を過ぎたら? 出産までにやることは?
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

働いているママは、産休と育休を取ることができます。

産休(産前・産後休業)は「産前に42日、産後に56日、合計98日間の休み」を取ることが義務付けられている制度です。産休開始日は出産予定日より42日前の日になります。双子以上の妊娠だと98日前から産休を取ることになります。産後の産休開始日は出産した日に準ずるので、出産前から決めることはできません。

育休(育児休暇)は産休後も育児のための休暇を一定期間取ることができる制度です。育休の取得は義務ではないので、産後すぐに会社に復帰するママもいます。

産休と育休の期間は、条件を満たしていれば「出産手当金」「育児休業給付金」がもらえるので以下の記事もチェックしてみてくださいね。