ハワイ王国4代目の王アレクサンダー・リホリホ(カメハメハ4世)とその后エマ・ルーク。その実績とは対照的に、ハワイ王国の歴史の中では目立たない存在だ。今回は、カメハメハ4世とその后クイーン・エマにゆかりのあるスポットを紹介しよう

カワイアハオ教会/Kawaiahao Church

カメハメハ4世とクイーン・エマゆかりのスポット
(画像=『LaniLani』より引用)

「カワイアハオ教会」はカメハメハ4世とエマ王妃の結婚式が挙げられた、ダウンタウンにあるオアフ島で最も古い教会だ。ハワイ王朝と関わりの深いことから「ハワイのウエストミンスター寺院」の異名を持っているが、最初は「石の教会」と呼ばれていた。「カワイアハオ」とはハワイ語で「ハオ王女の聖なる泉」という意味で、教会を建てる前のこの場所には王族の娘ハオ王女お気に入りの泉があり、彼女が毎日のようにこの泉を訪れていたことから名付けられたといわれている。今でも教会の中には場所を移動して復元された泉がみられる。 最初はカメハメハ1世の王妃で2世の摂政であるクイーンカアフマヌが、ボストンから初めてハワイを訪れたキリスト教の宣教師のために土地を払い下げ、簡素な藁葺きの小屋が建てられた。現在の建物は、4度火事や災害などで破壊された教会を二度と壊れないような建物にしようと、時の君主カメハメハ3世の命によって建設されたもので、当時最も頑強な建材であった珊瑚のブロックを使った教会は1842年に完成した。当時すでに多くの王族がキリスト教に改宗していたため、教会の礼拝堂にはロイヤルボックスが設置されており、2階にはカメハメハ1世からハワイ王国最後の女王リリウオカラニまで王族の肖像画が飾られている。

カワイアハオ教会/Kawaiahao Church

住所: 957 Punchbowl St, Honolulu 電話番号: 808-469-3000 営業時間: 9:00~16:00 定休日: 無休

インターナショナル・マーケットプレイス/International Market Place

カメハメハ4世とクイーン・エマゆかりのスポット
(画像=『LaniLani』より引用)

ワイキキ中心にある商業施設「インターナショナル・マーケットプレイス」。昔はレトロな雰囲気を持つショッピングスポットだったが、2016年に拡張工事を行いリニューアルオープンした。この商業施設はクイーン・エマが所有していた土地に建てられたものだが、現在は非営利団体のクイーン・エマ・ランドが所有している。

カメハメハ4世とクイーン・エマゆかりのスポット
(画像=『LaniLani』より引用)

施設内の1階中央には「クイーンズ・コート」と名づけられた広場があり、地元の彫刻家ヴィルアーミ・タルタウ(Viliami Toluta’u)氏によって作られたカメハメハ4世と王子アルバート、クイーン・エマの銅像が建てられている。また毎日、日が暮れるとラマク・トーチ・タワーの点灯セレモニーを合図に、クイーンズ・コートで約30分の無料フラショーが開催される。ショーの終盤にはクイーン・エマに扮した女性が出演するなど、この施設は商業施設としてだけでなく、クイーン・エマの功績を垣間見ることのできる施設となっているのだ。

インターナショナル・マーケットプレイス/International Market Place

住所: 2330 Kalakaua Ave, Honolulu 電話番号: 808-921-0536、808-921-0537 営業時間: 10:00~22:00 (フラショーの時間は季節による) 定休日: 無休