清潔感があってこなれ感もあり、ビジネスシーンでもプライベートでも大活躍の白ブラウス
でも、思いがけずインナーが透けてしまって恥ずかしい思いをした人もいるのではないでしょうか?
白ブラウスのインナーは、何色を着るかによって印象が大きく変わります。
色の使い分けが上手にできるとオシャレ上級者の仲間入り!
清楚なイメージもスタイリッシュなイメージも思いのままです。

今回は、白ブラウスのインナーにスポットを当て、色の選び方や着こなしのポイント、
おすすめアイテムを紹介します。
白ブラウスのインナーは何色にすればいいのか悩んでいる人に読んでほしい記事です!

白ブラウスのインナーを選ぶポイント

白ブラウスのインナー
(画像=JOERAより引用)

インナーの色の選び方は、白ブラウスコーデの完成度を大きく左右する大事なポイントです。
インナーが透けないようにするか、透けることを前提にあえて見せるかによっても選び方が変わるので、その日のコーデのコンセプトに合わせて選ぶようにしましょう。
ここでは、インナーの色の選び方について見ていきます。

肌なじみの良い透けにくいカラーを選ぶ

白ブラウスのインナー
(画像=JOERAより引用)

ビジネスシーンなど、インナーが透けないようにしたい時におすすめなのが、地肌になじみやすいベージュやモカ。
インナー単独で見るとおばさんくさい気もしますが、白ブラウスと合わせた時の安定感は抜群です。
色白の人はやや明るめのカラーにするなど、地肌のトーンに合わせて濃淡を調整するとさらに良いでしょう。

ベーシックなカラーを選ぶ

白ブラウスのインナー
(画像=JOERAより引用)

どんなコーデでもいえることですが、カラーはあまり突飛なものを選ばず、ベーシックなものを選ぶのがコツ。
黒やグレーなどのほか、薄いピンクもおすすめです。

ビビッドカラーや濃いめのパステルカラーは子どもっぽく見えたり、色味がごちゃごちゃしたりするのでおすすめしません。
また、主張が強いデザインも白ブラウスの清楚な魅力を打ち消してしまうので避けた方がいいでしょう。

あえて見せるインナーを選ぶ

白ブラウスのインナー
(画像=JOERAより引用)

休日のコーデなど、遊びの感覚も取り入れて見せたい場合は、あえて見せるインナーをチョイスしましょう。
ただ、こちらもベーシックカラーで、デザインも奇抜でないものがおすすめ。
見せるからといって冒険すると失敗するので注意しましょう。

また、素材やデザインにもコツがあります。
あえて見せるコーデの場合はインナーも洋服の一つとして考え、ペラペラでない上質なものを選ぶようにします。
さらに、デコルテが開きすぎていると下品な印象を与えるので、胸の谷間が見えない程度で収めておくのがおすすめです。

白ブラウスのインナーにおすすめの色4つ!

白ブラウスのインナー
(画像=JOERAより引用)

ここでは、白ブラウスと相性抜群のおすすめインナーカラーについて解説します。
どれもベーシックな色をチョイスしていますが、それぞれのコーデが見せる雰囲気は全然違います。
自分好みの合わせ方を見つけてみてくださいね。
コーデと一緒に、おすすめのインナーも紹介していますよ。

挑戦しやすい【白ブラウス×白インナー】

ブラウスと同じ色の白インナーなら失敗しにくく、おしゃれ初心者さんでも大丈夫。
色味がまとまるのでスッキリと見え、白ブラウスの清楚なイメージを最大限引き出せるコーデです。
ブラウスのボリューム感に合わせて、ピタッと体に添うスリムなインナーや切り替えやデザイン性のあるインナーを合わせるのも◎
難しく考えず、気軽に試せる組み合わせです。
色の組み合わせが無難なので、女性らしさをプラスするレース付きのインナーを取り入れても◎

白ブラウスのインナー
(画像=JOERAより引用)

おすすめは、AZUL BY MOUSSYの「ベーシックレースキャミソール」。
肩紐から襟元までレースがあしらわれていて、白ブラウスをフェミニンな雰囲気にグレードアップできます。