暖かい日が増え、ようやく春の気配を肌で感じることができるようになってきましたね。

日本の春といえば、皆さんは何を思い浮かべますか?恐らく、ピンクに咲き誇る桜の木々を思い浮かべる方は多いのではないでしょうか。

日本人は昔から「お花見」以外に、食材としても桜を取り入れ、春の訪れを楽しんできました。

桜を使った食べ物の中で、誰でも気軽に取り入れやすいものが、「桜漬け」です。

桜漬けとは?

桜漬けは、桜の花の「がく」を取り除いた部分を塩と梅酢で漬けこんだ、日本独特の漬物です。

桜漬けの産地として有名な神奈川県秦野市は、江戸時代末期から桜漬けの生産を始めていたそう。国内の生産シェアはなんと約8割にものぼります。

ちなみに、お花見でよくみられる桜の種類は「ソメイヨシノ」ですが、桜漬けには花びらが多い「八重桜」という種類が多く使われています。

桜漬けの作り方

桜漬けを作るのに必要なのは、桜の花、塩、梅酢のみ。家に桜の木があったり、お花見できれいな桜の花が落ちているのを見つけたりと、桜の花が手に入れば誰でも作ることができます。

まず、桜の花は水でよく洗い、キッチンペーパーなどでしっかりと水分や汚れを取り除きます。このとき、歯ざわりがあまりよくない「がく」の部分は全て取ってしまいましょう。

次に、タッパーなどの漬物を漬けられる容器に、桜の花と塩をサンドイッチ状に交互に入れていきます。交互に入れ終わったら、上から梅酢を回しかけ、水分を出すために上から重石をかけ、密閉して数日置いておきます。

数日後、水分を絞り、ザルなどに広げて陰干しをします。陰干しは、風通しの良いところで半日ほど行いましょう。これで桜漬けの完成です!

ちなみに、桜の葉や花を塩漬けにすると、「クマリン」という香り成分が生成されます。桜の葉を巻いた桜餅の独特の良い香りは、このクマリンによるものです。

クマリンには、抗菌作用や抗酸化作用など、身体に嬉しい作用がある反面、摂りすぎると肝臓や腎臓に有害になる場合があります。一度に大量に摂取するのは控えた方が良いでしょう。