日本人の男児名は、言葉の響きと共に漢字にも意味を込めて名付けられることがほとんどですすよね。対して、外国人男性の名前は、意味を重要視して名づけられることが多いようです。今回は「光」という意味を持つ外国人男性の名前をまとめました。

「光」を意味する外国人男性の名前【英語】

「光」を意味する外国人男性の名前、まずは英語編から見ていきましょう。

・light(ライト)

light(ライト)は、光・光線・輝き・明るい場所などを指す言葉。明るさをもたらす光源に使われ、また、動詞として「明るくする」という意味あいもあります。さらに転じて、夜明けという意味もあります。

自分自身で光り輝いて欲しい・日の当たる場所で生きて欲しいという、明るい人生を送って欲しいという願いが込められた名前です。

・aureole(オーレオール)

aureole(オーレオール)は、「輝き」という意味があります。

他にも、栄冠・栄光といった意味もあります。主にキリスト教徒の間で使われ、キリスト像やマリア像など聖像の後頭部に差す光を表す言葉です。後光というニュアンスが近いでしょう。

キリスト教信者なら、子供につけても不思議ではない有難さのある名前ですね。

・dazzle(ダズル)

dazzle(ダズル)は、眩しく光るという意味。眩しくする・惑わせるという意味もあります。魅了されるというニュアンスがあることから、光だけに使われる言葉ではなく、その対象は美しさなども含まれます。

・glint(グリント)

glint(グリント)は、きらきら光る・煌めくという意味があります。光が何かに反射するといったシチュエーションで使われる動詞であると同時に、気配という意味も持っています。

・glitter(グリッタ)

glitter(グリッタ)は、ピカピカとした光や、きらびやかな様子を表す言葉です。光の点が集まって輝くというニュアンス。宝石やスパンコールなどが光を反射して輝く際に使われる言葉で、あざやかで派手な光を指します。

穏やかな光ではなく、思わず目を奪われるような眩しい光を表すので、息子に対して「注目されるような人物になって欲しい」という意味を込めることができる名前です。

・glow(グロウ)

glow(グロウ)は、「光を放つ」「光る」という意味を持つ言葉です。また、「照り輝く」や「好調する」という意味もあります。

・luster(ラスター)

luster(ラスター)は、「光沢」「光彩」「輝き」という意味のある言葉。転じて「栄誉」「栄光」という意味もあります。

・ray(レイ)

ray(レイ)には、光線という意味。光源や、そこから発せられる光そのものではなく、線上に伸びた光を表している言葉です。

「ray of sunrise」という決まり文句があり、直訳すると「太陽の光」ですが、転じて「不幸なときの楽しみ」という意味を持っています。どんよりした気持ちに差し込む強い光というニュアンスがあり、力強さを感じさせる名前となっています。

また、英語圏の名前である、Raymond(レイモンド)やRacheal(レイチェル)の愛称としても使われます。

著名人には、故・Ray Charles(レイチャールズ)や、Ray Parker, Jr(レイ・パーカー・ジュニア)らがいます。

・sparkle(スパークル)

sparkle(スパークル)は、火花・煌めくといった意味がある言葉です。Sparkling wine(スパークリングワイン)を思い浮かべると分かりやすいですが、光を受けてキラキラと輝きを放つ様子が表れています。

人名には珍しい単語ですが、この名前からは、キラキラとした人生が思い浮かびますね。

「光」を意味する外国人男性の名前【フランス語】

次に、「光」に関係する、フランス語の男性名を見ていきましょう。

・lumiêre(リュミエール)

フランス語で「光」「日光」を表すlumiêre(リュミエール)。美しい響きがありますね。

フランス語には女性名詞と男性名詞があり、lumiêreは女性名詞です。そのため、文章中ではla lumière(ラ リュミエール)となります。

女性名詞ですが、男性の名前に使ってはダメということではありませんので、男性の名前としても使用できます。

・auréole(オレオル)

auréole(オレオル) は、「後光」という意味がある名前です。主に輪っか状になった光を差す言葉で、包み込むような光といったニュアンスがあります。

神聖なイメージがある名前ですね。

・reflet(ルフレ)

reflet(ルフレ) は「反射」。反射と言っても、鏡やスパンコールで反射したような光ではなく、陶器の虹色や、真珠の表面のような優しい反射の光をあら合わします。また、「反映」という意味もあります。

自分のカラーで輝くような、オンリーワンの輝きを見せてくれそうな名前ですね。

・lueur(リュウール)

lueur(リュウール)は、「微かな光」「薄明り」という意味を持つフランス語の名前です。女性名詞ですが、男性名にも使用できます。

優しい、ほのかな灯りを連想させる単語です。おっとりとした優しい男性が連想されますね。

・étincelle(エタンセル)

「火花」「輝き」という意味を持つ、étincelle(エタンセル)。英語でいうところのsparkleに近いイメージです。

・éclat(エクラ)

éclat(エクラ)は「輝き」「鮮やか」という意味のフランス語です。

「栄光」といったニュアンスが含まれていて、「etre dans tout l'eclat de sa beaute」で「まばゆいばかりの美しさ」という意味となります。クリスチャンディオールやシャネルなど、フランス由来のブランドやコスメの名前でよく見かける単語ですね。

強い光を表す言葉で、息子の輝かしい未来を願う親の気持ちが込められています。

「光」を意味する外国人男性の名前【ドイツ語】

次に、ドイツ語で「光」を意味する外国人男性の名前を見ていきましょう。

・Licht(リヒト)

Licht(リヒト)は、「光」を表すドイツ語。英語でいうところの「light」に近いニュアンスです。太陽や蛍光灯、ランプなど、光源そのものを表す際にも使われます。

言葉の響きがカッコ良いですね!近年では、日本の男児名にも使われ、「理人」「璃緋人」などの当て字が使われることも多いです。

・Aureole(アオレオーレ)

「輝き」という意味。聖像の後光や太陽のコロナなど、主に、輪っか状になった光を指します。

名前にしては長いようにも感じられますが、聖なるものに関する単語ということで、信仰心の厚い親御さんなら息子の名前に選んでも不思議ではありませんね。

・Schimmer(シンマァ)

Schimmer(シンマァ)は、「ほのかな光」という意味。チラチラするような、ろうそくが風に揺れてチラチラするような光を表しています。

決して強い光ではありませんが、優しく穏やかな人柄の男性に成長してくれそうですね!

・Funkeln(フンケルン)

Funkeln(フンケルン)は「輝き」という意味がありますが、星の輝きのような、キラキラとした輝きを表します。英語で言うところの「twinkle」、日本語なら「キラキラ」や「ピカピカ」がニュアンスとして近いでしょう。

響きは男性らしいイメージがありますし、星の輝きが由来だなんて、ロマンティックで素敵な男性名ですね。

・Glanz(グランツ)

Glanz(グランツ)は、主に「光沢」という意味で使われる単語です。艶やかな物体や照りのある素材の表面が、光を受けて光沢を見せることがありますよね。そういった場面での輝きを指している言葉です。

転じて、「栄光」「輝かしさ」といった意味も持っています。我が子に輝く人生を送って欲しいという、親の願いが見えますね。

・Strahl(シュトラール)

Strahl(シュトラール)は、「光」「光線」といった意味。筋状になった光のことを表します。いわゆるビームですね。また、「笑みをたたえる」「輝く」「幸せ」といった意味もあり、子供につける名前にもピッタリの単語といえるでしょう。

・Schein(シャイン)

Schein(シャイン)は、比較的明るい光に対して使われることばです。例えば太陽の灯りやランプの灯りなどに対して使います。また、「栄える」という意味もあります。

子供の明るい未来と将来の発展を願うには、とても良い単語ではないでしょうか。