サイコパスは頭の回転が速い・頭がいいと言われることがありますが、実際はそうなのでしょうか。頭が悪い可能性は?サイコパスのIQ・知能指数やモテる理由、付き合い方についても説明します。

サイコパスは頭の回転が速く高いカリスマ性を持つイメージがありますが、実際はどうなのでしょうか。今回は、サイコパスの特徴や知能指数について詳しく解説!サイコパスが持てる理由や付き合い方を紹介します。

サイコパスの特徴

サイコパスとは、精神障害の一種で、反社会性パーソナリティ障害という別名があります。その名の通り、社会に反する特性があり、以下のような特徴が見られます。

・共感力が低い
・冷静で冷酷
・良心や罪悪感が希薄
・人をコントロールしようとする
・利己的思考
・自分本位
・尊大で自信家
・息をするように嘘をつく

自分の利益を優先し、そのためなら相手を陥れたり嘘をついたりすることにためらいがありません。良心や罪悪感がないので、冷酷な判断や行動をします。

ただし、必ずしも攻撃的で邪悪とは限りません。総合的な判断により、良い人を演じるケースがあります。嘘が上手なので、本音を隠すのはお手のもの。まんまと騙された周囲は、本性に気付かず親しみを感じることも少なくありません。

サイコパスが頭の回転が速いと言われる理由

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

サイコパスと呼ばれる有名人の中には、カリスマ性の高い指導者や、映画の主人公などが存在します。社会的に成功している経営者や凶悪な犯罪者など、人々がイメージするサイコパスは、良くも悪くも才能に突き抜けているのが特徴です。そのため、「サイコパス=頭の回転が速い」というイメージが先行しています。

また、サイコパスは良心や罪悪感が希薄で、共感性に乏しい特徴が、頭の回転の速さと関連しているという考え方もできます。一般的には、周囲の気持ちを汲み、場の雰囲気を見極めながら、思考を巡らせ判断するでしょう。行き届いた配慮ができますが、悪く言えば感情論に左右され、思考に時間がかかった上に判断を間違うリスクがあります。

しかし、サイコパスは感情抜きで思考、判断するため、一般的な人よりも結論に時間がかかりません。自分の利益だけを考えて物事を判断するので、周囲から見ると、頭の回転が速く感じられるのでしょう。

サイコパスの知能指数は?高い?

サイコパスが主人公の映画「羊たちの沈黙」は、あまりにも有名です。精神科医のハンニバル・レクター博士は高IQの設定なので、「サイコパスは知能指数が高い」と思っている人も多いでしょう。しかし、サイコパスの定義に知能指数はありません。

9000人以上を対象にしたアメリカの研究によると、サイコパスの中でも精神疾患の傾向が強い層では、IQが低い傾向が見られました。もちろん、IQの高いサイコパスも存在します。一般人の性格や知能指数に幅がありますが、サイコパスも同じです。知能指数が高いサイコパスもいれば、低いサイコパスもいます。

実際はサイコパスは頭いい?頭が悪い?

頭の良さをIQで測るなら、「サイコパス=頭がいい(あるいは悪い)」という断定はできません。しかし、利益のために余計な情報を排除し、スピーディーかつ冷静に結論を出せるという意味では、サイコパスは頭がいいと言える部分があります。

サイコパスの脳を調べると、平均よりも眼窩皮質(がんぜんひしつ)と扁桃体(へんとうたい)の活動が低い傾向が見られます。脳科学的にこの部分の働きが弱いと、共感力に乏しくなると言われています。一方で、理性的な判断をつかさどる前頭前皮質(ぜんとうぜんひしつ)は活発です。そのため、利益のために最善の道を即座に判断できるのかもしれません。

サイコパスの知能指数には幅があり、頭の良さとの関連性はないと言えます。しかし、脳の動きの特性を見ると、頭がいいと言われる要因があるのも事実です。