ビジネスでInstagram(インスタグラム)のビジネスアカウントを活用したいけれどメリットや切り替え方がわからない…という方へ、当記事ではInstagram(インスタグラム)のビジネスアカウントに変更するための切り替え方法やメリットを解説します。

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントとは?

Instagram(インスタグラム)はいまやビジネスの起点ともなり、企業のビジネスツールとしても欠かせない存在になりつつあります。

Instagram(インスタグラム)といえば個人が使用するアカウントのイメージも強いですが、ビジネス向けの便利な機能を使用することができる「ビジネスアカウント」というものに切り替えることができます。

ビジネスアカウントに切り替えた際のメリットである、使用できる機能としては「ビジネスプロフィール」、「インサイト」、「広告出稿」、「カテゴリ設定」の主に4つの機能が使用できます。

また、複数人でも運用・管理することができるため、企業アカウントの運用担当者や個人経営のアカウント管理者など、アカウント運用を担当する方もおすすめです。

当記事ではInstagram(インスタグラム)のビジネスアカウントについてメリットや変更方法、複数人で管理する場合のやり方や利用するための費用等、ビジネスアカウントを使用する上での気になる点について詳しく解説していきます。

切り替えに利用料金はかからず基本的に無料だが、広告を出稿する場合は費用がかかる

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントを利用するための料金はかからず、基本的には無料で利用することができますが、広告を出稿する場合においては広告費用も合わせて設定することになるため、広告出稿については費用が発生します。

基本的には費用を気にせず無料で使用することができますので、ビジネスでInstagram(インスタグラム)を活用していきたい時には気軽にお試しでも導入してみてはいかがでしょうか。

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントに変更した時のメリット

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントでは「ビジネスプロフィール」「インサイト(分析機能)」「広告の出稿」の主に3つの機能の他、「カテゴリ」を選択できるようになります。

それでは、それぞれの各機能について具体的にどのようなことができるのか、みていきましょう。

ビジネスプロフィールを使用することができる

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントではビジネスプロフィールを利用でき、よりビジネスに繋がりやすくなる「連絡先」を設定することができます。

例えば、「電話番号」「メールアドレス」「ビジネスの住所」など企業の情報を設定し、「予約する」、「問い合わせる」といったアクションボタンと結び付けることで、ノータイムでユーザーの取りたいアクションを引き出すことができます。

そのため、店舗経営や企業アカウントの運用をしている場合には、直接的にユーザーへ案内でき非常に効果的です。

インサイトを使用して投稿やユーザーを分析することができる

ビジネスアカウントでは投稿やフォロワーについての分析を行うことができる、「インサイト」を使用できます。

具体的には、フォロワーの地域・性別・年齢・アクティブな時間帯といった情報や、インプレッション数(投稿が閲覧された回数)など、アカウントの問題点を探る際にも非常に役立つデータを分析していくことができます。

広告の出稿検討する際には、どの層のどんなユーザーに向けて広告を打つのかが重要となりますが、インサイト機能を利用すればアカウントのメインユーザーとその情報や人気の投稿内容の傾向を知ることができ、効果的な広告を出稿できます。

広告を出稿することができる

ビジネスアカウントを使用すれば、Instagram(インスタグラム)広告や「投稿の宣伝」といった広告の出稿ができます。

規模や期間によって一定の広告費用は発生するものの、発見タブという非常に多くのユーザーが閲覧するタブにも掲載される可能性もあり、企業ブランドの認知だけではなく、新規フォロワーの獲得へ繋がることもあります。

また、「投稿の宣伝」では過去の投稿を広告として使用できるため、過去に高評価だった投稿をそのまま素材にすれば、費用を抑えた上である程度反響があると予測できる広告を打つことができますのでおすすめです。

カテゴリを設定することができる

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントで設定することができるカテゴリは、プロフィール画面の名前の下に表示されます。

ユーザー側にとってはプロフィールの内容がフォローするきっかけにもなるため、肩書のような役割を持つカテゴリがあると、よりユーザーへの訴求力を高めることができますので、設定することをおすすめします。

現在当社で確認できているだけでも、800を超える種類のカテゴリがあるため、迷う方もでてくるかもしれません。

その際には、カテゴリを設定する際にInstagram(インスタグラム)のおすすめとして出てくる以下の中から選んでみるのもおすすめです。

 アーティスト
 ミュージシャン・バンド
 ブロガー
 衣料品(ブランド)
 コミュニティ
 デジタルクリエイター
 教育
 起業家
 健康・美容
 編集者
 ライター
 個人ブログ
 商品・サービス
 ゲーマー
 レストラン
 美容・化粧品・パーソナルケア
 食料品店
 写真家・フォトグラファー
 ショッピング・小売り
 動画クリエイター

Instagram(インスタグラム)のビジネスアカウントに変更するための切り替え方

ビジネスアカウントを利用するには、まずInstagram(インスタグラム)アカウントを作成し、ビジネスアカウントへ切り替える必要があります。

以下では通常のInstagram(インスタグラム)アカウントの作成方法と、ビジネスアカウントへの切り替え方法について解説していきます。

普段からSNSに触れていない方あっても、必要な情報さえ準備できれば簡単に行うことができますので、参考にしていただければと思います。

Instagram(インスタグラム)アカウントを作成

Instagram(インスタグラム)のアカウント作成方法は以下の手順です。(もしアカウントを作成済みの場合は、次の「個人プロフィールからビジネスプロフィールへ切り替える」へお進みください。)

 ①Instagram(インスタグラム)公式アプリを開きます(無い場合はダウンロードします)
 ②「新しいアカウントを作成」をタップします
 ③電話番号またはメールアドレスを入力します
 ④名前とパスワードを設定します
 ⑤誕生日を登録します
 ⑥ユーザーネームを設定します

Instagram(インスタグラム)アカウントの作成が完了しました。

パソコンでもInstagram(インスタグラム)を使用することは可能ですが、編集やストーリーズが使用できないなど、スマートフォンのアプリ版に比べて機能が制限されてしまうため、スマートフォン上で運用していくことをおすすめします。

個人プロフィールからビジネスプロフィールへ切り替える

ビジネスアカウントに変更するには以下の設定を行いましょう。

 ①通常のアカウントでログインし、プロフィール画面右上のメニューバーをタップします
 ②「設定」をタップします
 ③「アカウント」をタップします
 ④「プロアカウントを取得する」をタップします
 ⑤「プロアカウントに切り替える」をタップします
 ⑥自分のアカウントに沿ったカテゴリを選択します
 ⑦カテゴリの表示・非表示を選択します
 ⑧「ビジネス」か「クリエイター」を選択します
  ※企業アカウントやお店を経営されている方はビジネスがおすすめです
  ※芸能人やアーティスト、インフルエンサーといった方はクリエイターがおすすめです
 ⑨連絡先情報を確認
 ⑩Facebook(フェイスブック)アカウントがある方は「Facebookにログイン」をタップします
 ⑪「プロフィールへ移動」をタップで設定が完了します。

プロフィール画面に戻り、「広告」や「インサイト」といったボタン表示があればビジネスプロフィールに切り替わっています。

以上でInstagram(インスタグラム)のビジネスアカウントの設定が完了しました。