日本の子供は、先進諸国の中で「自己肯定感」が低い傾向があるそう。子供の自己肯定感が低いままだと自分に自信が持てなくなることも。そこで本記事では、写真を使ってほめる「ほめ写」のやり方をご紹介します。ほめ写は自己肯定感を高める新習慣!ぜひ、日々の子育てに取り入れてみてください。

子供の写真を飾ってほめると、自己肯定感が高まる!

子供の自己肯定感を高める! 話題の「ほめ写」を子育てに取り入れる方法
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

子供を持つママやパパは、「思いやりのある子に育ってほしい。」「物事を前向きに乗り越えられるようになってほしい。」そんな思いを抱えている方も多いと思います。
しかし、「日本は諸先進国に比べて自己肯定感が低い」という調査結果が内閣府から発表されていて、国としてもその対応策を講じることが急務とされています。

子供の自己肯定感を高める! 話題の「ほめ写」を子育てに取り入れる方法
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

※内閣府ホームページより

自己肯定感とは、「自分には価値があるんだ」「自分は愛されているんだ」といったように自分の価値や存在意義を前向きに受け止める感情や感覚のこと。
自己肯定感が低いままだと自分を否定的に捉える傾向や、ネガティブな思考に傾きやすいといった影響があると言われています。

子供の自信を育み、豊かな人生を送るための基盤となる自己肯定感を高めるために、重要な鍵となるのは「ほめる」ことです。
でも、「どうやってほめたらいいの?」と具体的なほめ方がわからない人でも、写真を活用して簡単に「ほめ」を実践できる方法をご紹介します。

ほめ写って何?

子供の自己肯定感を高める! 話題の「ほめ写」を子育てに取り入れる方法
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

「ほめ写」は子供の写真プリントを家の中に飾り、それを見ながらほめてあげることで自己肯定感を高めようという、新しい子育て習慣です。
ほめ写を推進する「ほめ写プロジェクト」には、教育評論家の親野智可等氏をはじめとした子育ての専門家たちが参画しており、30社を超える企業が賛同しています。(2020年3月時点)

写真を飾っている家庭の子は、自己肯定感が高い

子供の自己肯定感を高める! 話題の「ほめ写」を子育てに取り入れる方法
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

ほめ写プロジェクトが行った調査によると、実際に写真を飾っている家庭の子は、自己肯定感が高いという調査結果が出ています。

また、自己肯定感が特に下がるタイミングは、小学校入学時と言われています。
小学校に入学すると、環境が変わることで子供自身も他人と比較をし始めてしまい、自分ができないことに意識が向かってしまうことも。
そこで、子供が保育園・幼稚園のうちから「ほめ写」を実践するのがオススメ!
日常の何気ない写真や保育園・幼稚園の行事で頑張っている様子などををプリントアウトして、子供の目に入るところに飾っておきます。言葉でほめられていない時でも、写真を見ることで、ほめられた思い出を反芻し、自己肯定感向上に役立てることができます。