子育て世代の「人生に2つある大きな谷」

一般的に、子供のいる世帯には人生に大きな谷が二つあると言われています。

  1. 子供の教育資金の谷
  2. 定年後年金受給までの収入がなくなる谷 子供を25歳で産むのと35歳で産むのとでは、この二つの谷の期間に大きな差がある上に、教育意識が高いことで知らず知らずの内に老後資金まで教育にかけてしまう傾向を冷静に考えておく必要があると思います。二人で働いてたんだから年金も二人分、余裕よ・・とのお考えは甘いです。統計からみて、サラリーマンと専業主婦という家庭の老後のゆとりある生活費は38万円となってます。
    (参考:生命保険文化センター「生活保障に関する調査」)

    ですがサラリーマン二人、つまり奥様も定年まで勤め上げられたご家庭はエンゲル係数も高く、ゆとりの老後資金はもっと必要視しておかないと生活レベルが下がったように感じることになるでしょう。

    ライフプランニングがとても重要

    仕事、家事、育児の三本柱をしっかりこなした後、また夫婦水入らずのセカンドライフを豊かに過ごすためにライフプランをしっかり把握し、安心と満足プランを手に入れて頑張っていただきたいと思います。

    提供・オカネコ(お金の専門家にチャットですぐ相談できるWebマガジン)

【こちらの記事もおすすめ】
年収400万から始められる「不動産投資」
家計簿をつけているのに、お金がたまらないのは、なぜ?
FPに相談するとはどういうことなのか?
40歳からでも「老後までに2000万円の貯金」は作れるのか!?
24歳女性 会社員。貯金をしたいと思っているが、どうやってお金をコントロールしたらいいのかわかりません。