仕事と家事、そして、育児の3本柱

夫婦二人でのディンクスライフは楽しく、収入もそれぞれあり、時間もそこそこ融通がききます。でも女性は結婚したら次は子供・・とご自身でも思うでしょうし親や周囲からも話題として上がってきますね。仕事と家事、育児の三本柱。やっていけるのかしらと悩むこともあるでしょう。
ここ何年で世の中は、本当に女性がしっかり働く意識を持つようになった気がします。少子高齢化、政府の子育て支援がイマイチだという意見もありますが、女性の意識の向上や不景気から来る女性の就業希望増加の早さに保育園の受け入れ体制など追いついていないところもあります。

日本の終身雇用、年功序列が崩れ、転職も当たり前。働き方も年収を増やすための転職ではなく、自分らしさややりがいを感じる仕事へ。年収が下がっても自分らしさや家族との時間を大切に、育児や家事を手伝う優しい男性の姿が多く見られるようになりました。
それとは逆に、女性は仕事を通じての社会とのつながりを求め、自分の能力をしっかり発揮できる職場を選択。正社員として働く恩恵や福利厚生等もしっかり確保し、収入も安定を求める傾向があるようです。仕事、家事そして育児もご主人様の理解と協力があるから三本柱を見事にこなしていけるんですね。

出産以外にも考えて欲しい資金とは

ここでは、そんなお仕事を頑張りつつ、子育ても一生懸命な方のライフプラン上で気になることをあげてみます。

  1. 教育資金はどうするのか
  2. 老後資金はどうするのか 特に高齢出産がとは言いませんが、三本柱で頑張る方の多くは、キャリア、つまりある程度の年齢になってらっしゃいますと、それまで自由に過ごした時間やお金、そして考え方は積極的、子育てにもお金がかかる傾向があります。
    つまり意識が高いという事ですが、子供の教育資金というのは底なし沼だという事をご存じでしょうか?

    また出産が遅い傾向である場合、自身の老後資金をしっかり意識していかないと、子供の学費が終わって貯蓄する間なく定年を迎えセカンドライフに突入してしまう可能性もあります。