浄化を行うために効果的な塩風呂のやり方とコツや注意点について詳しく説明します。塩風呂は危険?デメリットは?スピリチュアルな意味は?好転反応が起こる?などについて詳しく解説します。

最近なんだかついてないことばかり起きるというときは、お祓いでも受けたい気分になりますよね。しかしお祓いも安くはありません。そのため、自分で簡単にできる浄化の方法が知りたいという人も多いでしょう。

そこで今回は、塩風呂浄化のやり方やコツなどについて解説していきます。

塩風呂とは?

塩風呂とは、浴槽に溜めたお湯に塩を入れ、それにより様々な効果を得るお風呂のことです。

塩と言えば、昔から邪気払いの効果があるとされていますよね。実際に昔から除霊するときや、祈祷をあげるときなどに使用されてきました。塩風呂に入れば、邪気を浄化できたり、運気をアップさせたりできることもあります。

また、塩風呂は美容にも良いとされています。血行促進効果や肩こりなどを解消できるとされているため、そのような効果を狙って塩風呂に入る人も多いです。

塩風呂の効果

塩風呂にはスピリチュアルな効果と、美容や健康面における効果というように、二種類の効果があります。

スピリチュアルな効果としては、体に溜まった邪気を浄化することができるというものがあります。普通に生活している中で体に邪気が溜まってしまったり、誰かから邪気をもらってしまったりすることがあるものです。

それを放置しておくと、運気が下がってしまい、不幸を引き寄せてしまうことがあります。塩風呂に入れば、その邪気をなくすことができるのです。

塩風呂の美容や健康面における効果としては、血行促進効果があります。血行が促進されれば、冷え性を改善できたり、むくみを解消できたりしますよね。また、それにより肩こりなどを解消できることもあるのです。

塩風呂の正しいやり方

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

塩風呂の正しいやり方としては、まず塩の選び方が大切です。塩は食塩や岩塩のような精製されたものではなく、天然塩を使いましょう。

塩を準備できたら、まずはお風呂場をしっかり掃除してください。お風呂場が汚れていると、邪気が寄ってきてしまうため、浄化の意味がなくなってしまいます。細かいところまでしっかり掃除をして、汚れを落としましょう。

そうしたらお湯を沸かし、しっかりお湯を張ったら塩を入れましょう。50g程度で大丈夫です。そしたらそれが溶けるように、しっかり混ぜてください。

塩風呂に入るときは何もする必要はありません。ただし、浴槽には10〜20分程度、しっかりつかるようにしましょう。

そしてあがるときは、シャワーで塩水をしっかり洗い流してください。また、浴槽も汚れやすくなるため、しっかり掃除を行いましょう。

塩風呂浄化は毎日?塩の量は?

塩風呂による浄化を毎日行うと、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。毎日行っても、そこまで浄化の効果が高くなるというわけでもないため、毎日は行わないようにしましょう。

頻度としては、週に2~3回とされています。しかし、それほど邪気にさらされていないのであれば、月に1回程度でも問題ありません。不幸が重なる時期は週2〜3回にして、運気が回復してきたら、月に1回程度にすると良いでしょう。

塩の量としては、一般的な浴槽であれば50g程度で良いです。浄化の効果を上げたいという人は、もっと入れても良いですが、格段に浄化の効果が上がるというわけではないですし、肌への負担も強くなってしまうため、おすすめは50g程度となります。

塩風呂浄化のコツ10個

塩風呂で効果的に浄化を行うためのコツは以下のようなものがあります。

(1)天然塩を使う
(2)お風呂場をしっかり掃除する
(3)36度~40度程度で行う
(4)塩の量は50g程度
(5)10~20分しっかり湯船につかる
(6)満月や新月の日に行う
(7)水分をこまめに取る
(8)お酒も一緒に入れる
(9)週に2~3回程度の頻度にする
(10)追い炊きしないように

塩風呂浄化のコツとしては、天然塩を使ったり、お風呂場をしっかり掃除したりすることが大切です。正しいやり方で行わないと、浄化の効果も弱くなってしまうため、このような邪気を祓うために大切なことはしっかり守るようにしましょう。

また、新月・満月に行うというものや、お酒も一緒に入れるというのもおすすめです。これは浄化の効果をさらに強くするコツとなるため、より浄化の効果を得たい人は試してみてください。

追い炊きをしないというのは、追い炊きをすることで風呂釜の故障の原因になってしまうからです。塩分は鉄を錆びさせやすいため、このようなポイントには注意しておきましょう。

塩風呂は危険?デメリットは?

塩風呂が危険と言われるのは、塩風呂が肌に合わない人がいるためです。塩風呂に入ることで肌荒れしてしまうという人もいるため、塩風呂を初めて行うときは、パッチテストを行うようにすると良いでしょう。

デメリットとしては、浴槽が痛んでしまうというものがあります。浴槽は塩風呂をするために作られていないため、汚れやすくなったり、劣化が激しくなったりすることがあるのです。そのため、塩風呂を行った後は、しっかり掃除を行うようにしましょう。

また、塩風呂にした状態で追い炊きをすると、風呂釜の部分に塩が入り込んでしまい、錆びやすくなってしまいます。そのため、塩風呂をするときは追い炊きをしないようにしてください。