ハワイでは、交通ルールを守らない旅行者の増加が深刻な問題になっています。

2018年10月に発表された内容から、今年7月1日よりさらに取り締まりが厳重になりました。

楽しいハワイ旅行を最後まで気持ちよく過ごせるように、もう一度歩行者の私達も交通ルールを見直してみましょう。

ハワイでは信号点滅してからの横断は罰金!?

日本でも、使い慣れたはずの横断歩道。気付いているのに、信号機が点滅し始めてから渡ったりした経験はないでしょうか。事故に繋がりかねない行為ですが、実際にハワイでは特に夕方18時頃からの事故の発生が多いようです。

このような行為は、ハワイでは130ドルの罰金対象の行為とされます。旅行先で多額な罰金や事故は起こしたくないですよね。

横断中点滅がはじまったら急いで渡ろう!

横断してる間に点滅になったけど、「歩行者が最優先優先!」「車は止まってくれるものだから…」と知らず知らずのうちに勘違いしている方、これからはご注意ください。もし信号の点滅に気付いたら、急いで横断歩道を渡り切らなければなりません。

昨年法例が強化されるまでは、厳重注意で済まされた事もありましたが、それはもう過去の話です。こちらも130ドルの罰金対象になります。

ジェイウォークはとても迷惑

「ジェイウオーク」とは、横断歩道のない道路を渡る事で、ドライバーにとっても大変迷惑な行為。渡る側も最も危険な行為と言えます。こちらも130ドルの罰金の対象です。

交通量の少ない夜間の事故発生率が増加しているのも納得しますね。私達ひとりひとりが意識を変えるだけで、事故の増加は軽減します。気を付けましょう!