スマホで撮影しているのに、あの人が撮った子供の写真はかわいい、絵になる…上手に見えるには理由があります。ちょっとしたコツを実践するだけでプロカメラマンのような写真をスマホで撮るのも夢じゃありません。そのテクニックをプロカメラマンに聞いてみました。

思い出を綺麗に残す、スマホ写真撮影テクニック9選

こんにちは、千株式会社 撮影部の野村です。皆さんはどのようにスマホで写真を撮っていますか? 我々カメラマンは仕事ではスマホを使って撮影することはありません。しかし、パパもママも、幼稚園・保育園の先生もスマホを使って園児の写真撮影をしていることがほとんどでしょう。そこで、今回は「ワンランク上の写真をスマホで撮影するテクニック」についてご紹介させていただきます。

スマホ写真の基本テクニック その1:構図にこだわる

ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

プロが使うような一眼レフカメラでもスマホでも、どちらにも共通する基本撮影テクニックが「構図」です。構図についてわかりやすく説明すると写真を美しくまとめるために、被写体を配置する技術だと考えてください。これから紹介する構図のことを少し意識して撮影するようになれば、ワンランク上のスマホ写真を撮ることができるようになるでしょう。

日の丸構図:定番の構図ですが多用は厳禁

ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

画面の中央に子供などの主役を配置する構図を「日の丸構図」と呼びます。注意したいのは、被写体を中心に配置して撮影すると素人っぽく見えてしまいがちなこと。そのため、普段の撮影では日の丸構図をあまり多用せず、ここぞという時のみに使うようにしてください。

日の丸構図を使うポイントとしては、画面いっぱいに子供を入れたり、画面中心に配置した子供にフォーカスして背景をぼかしてみたり、工夫を凝らして撮影すると日の丸構図でも驚くほど素敵な写真を撮ることができます。

三分割構図:グリッド線を利用してバランスよく配置する

ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

どのスマホのカメラアプリでも「グリッド線を表示する」設定が可能になっているかと思います。グリッド線とは画面を縦3、横3の格子状に9分割する線のことで、被写体の位置を決めるのに役立ちます。グリッド線はスマホ画面には表示されるものの、撮影した写真には表示されないのでご安心ください。

縦3本、横3本に走るグリッド線を下記のように役立てみてください。

  1. 縦横の線が交差する場所に被写体を配置する
  2. 背景に映る水平線や階段などの線をグリッド線に合わせて配置する

上記1、2を意識して撮影するとバランスの取れた構図になり、素敵な写真になります。このテクニックは厳密に守る必要もありません。慣れてくるとグリッド線は参考にするものの、わざとバランスを崩して面白い構図を作ることもできるようになるでしょう。

対角線構図:奥行きを演出するのに最適

ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

画面の対角線上に背景を配置する構図です。子供がすべり台で遊んだり、机に向かって絵を描いたりしているときなら、対角線に合わせてすべり台や机を配置するだけで、驚くほどバランスが良く奥行きのある写真になります。対角線に合わせやすい被写体がない場合も、対角線上に複数の被写体を配置するだけでも、同様に奥行きのある写真になるでしょう。

水平、垂直を意識してバランスのいい構図に

ワンランク上のスマホ写真を撮影するテクニック9選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

上記のような構図に加えて、被写体や背景の水平、垂直を意識して撮影すると、写真を上手く撮ることができるようになるでしょう。子供の背景に建物が写っている場合などだと、建物が傾いて写っていると後から見返して写真に違和感を感じてしまうはず。

三分割法で利用するグリッド線を使って水平、垂直を出すこともできますが、正確に水平、垂直を見るには水平器(水準器)を使うのがオススメです。スマホ標準のカメラアプリには水平器機能がついていないことも多いのですが、LINEカメラなどのカメラアプリには水平器機能が搭載されているので使ってみてください。水平、垂直は正確にビシっと出すと気持ちいい背景になりますよ。