波動が低い人の特徴は?波動の低い人の見た目や、波動が高い人との違いは?波動の低い人と一緒にいると疲れる?関わらないほうがいい?波動の低い人への対処法についても解説します。

波動の低い人と関わると、良いことはありません。一緒にいると疲れを感じたり、体調不良になってしまうこともあります。それを考えれば、波動が低い人をしっかりと見極め、そのような人とは付き合わないようにしたいですよね。

そこでこの記事では、波動の低い人の特徴や、波動の低い人への対処法などについて解説していきます。

波動とは?

波動とは、魂から発せられるエネルギーのことを言います。魂は精神的に成長したり、達観した考えを持てるようになったりすることで、どんどん高貴なものへとなっていきます。ステージが上がり、力が強くなっていくのです。

魂はそこに存在するだけでエネルギーを発しており、それを波動と呼ぶのですが、高貴な魂であればあるほど強い力を発しています。逆に魂が成長していない場合、波動も弱いです。

波動が強い人はそれだけ魂が成長しているため、人間としても優れた人であることが多いです。逆に波動が低い人は、それだけ魂が未熟ということですので、人間的にも未熟であることが多いのです。

波動の低い人の特徴15個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)
(1)ネガティブ
(2)偏屈である
(3)影が薄い
(4)向上心がない
(5)感謝することがない
(6)目標がない
(7)すぐに体調を壊す
(8)悪口ばかり言う
(9)声が小さい
(10)すぐに嫉妬する
(11)自信がない
(12)ストレスが溜まっている
(13)波動が低い人が周りにいる
(14)弱音ばかり吐く
(15)暗い

波動の低い人の特徴としては、ネガティブな人が挙げられます。波動が低い人は魂のレベルも低い人ですので、悲観的に物事をとらえたり、自分に自信を持てなかったりすることが多いです。

また、人の悪口や陰口を言うというのも大きな特徴です。相手の悪いところばかりに目が行き、良い部分には目が行かない傾向があります。そして感謝もせず、成功している人に嫉妬することも多いです。

他にも、波動が低い人が周りにいるという特徴もあります。波動が低い人は波動が低い人同士でつるむことが多いです。同じようなレベルですので、そのような環境が居心地が良く、結果としてお互いに波動を下げ合うようなこともあります。

波動の低い人の見た目

波動の低い人の見た目としては、表情が乏しいというものがあります。いつでも仏頂面で笑顔が少なく、常に機嫌が悪いかのような表情をしているのです。

また、姿勢が悪いというのも大きな特徴です。猫背であったり、ガラの悪そうな座り方をしたりします。このような人は相手からも良い印象を持たれないですよね。そのため、人間関係にも影響が出てしまうことが多いです。

そして清潔感がないというのも大きな特徴です。服が汚れていたり、髪の毛をセットしていなかったりすると、見た目でなんとなく汚らしく見えてしまいます。波動が高い人は自分の見た目にもしっかり気を遣っているため、それができない人は波動が低いということになるのです。

波動の高い人と波動の低い人の違い

波動の高い人と波動の低い人の違いとしては、物事をプラスに考えられるかという違いがあります。波動の高い人は未来に対してポジティブで、様々な物事を前向きに考えます。波動の低い人は同じ出来事が起きたとしても、未来に悪いことが起きるかもしれないとネガティブに考えてしまうものです。

また、コミュニケーションを取る上で、波動が高い人は周囲の人に肯定的です。周囲の人のことを褒めたり、感謝したりすることができる人間なのです。

それに対して波動の低い人は周囲を否定することで、自分の価値を上げようとします。そのため、周囲から人がいなくなり、孤立してしまうことも多いです。友達が多いか少ないかという違いも、必然的に出てきます。

波動が低い人が集まる場所

波動が低い人が集まる場所としては、空気が淀んでいる場所が挙げられます。空気が悪い場所はその場の波動も低くなるものです。喫煙所などがその代表と言えるでしょう。波動が低い人は、波動が低い場所に引き寄せられるものですので、空気が悪い場所に集まることになります。

また、騒音がする場所も波動が低い人が集まる場所です。パチンコ店などはその代表で、このような場所は心を落ち着かせることはできないですよね。そのような場所にいても平気でいられるということは、波動が高い人とは言えないのです。

パチンコ店は欲が渦巻く場所でもあります。そのような欲深さは波動が低い人の特徴でもあるため、競馬場なども波動が低い人が集まることが多いです。

波動の低い人は疲れる?イライラする?

波動の低い人自身は、マイナスに物事を考えていたり、人の嫌な面ばかりを見たりしています。そのような考えをしているので、心は疲れ果ててストレスを自分で生み出し、そのストレスでまたイライラしてしまうという悪循環に陥ることも多いです。

また、波動の低い人には波動の低い人が集まってきます。そのような人はやはり相手の嫌なところを見たり、悪口を言うのが好きだったりするものです。

また、波動の低い人と一緒にいる人も、当然疲れてしまいます。悪口を言われてしまうこともあれば、影で悪口を言われるかもしれないという恐怖を感じることもあるため、気が休まりません。

波動の低い人は悪口や愚痴が多い?

波動の低い人は基本的にネガティブです。ネガティブな人は自分自身のこともマイナスに捉えてしまいますし、未来に対しても悲観的に考えます。

そのようにして物事を悪いところばかりを見てしまう癖がついてしまうと、他人に対しても同じようなことをしてしまいがちです。悪いところばかりを見たり、嫌なところばかりを気にしてしまうのです。

その結果、周囲の人の悪口を言ったり、愚痴を漏らすことが多くなったりしてしまいます。また、波動の低い人は努力をしません。そのため、周囲の人を悪く言うことで相手を下げ、自分が上に立とうとするのです。