大阪・東京
働く女性の実態調査2022

大阪・東京で働く20~30代女性に「仕事・キャリア」「転職」「お金」「結婚・出産」に関するテーマでアンケート調査を実施。それぞれどんな違いや共通点があるのでしょうか?

今回の記事では、大阪・東京の働く女性の転職に関する意識調査の結果をお届けします。

東京は「お金」、大阪は「ワークライフバランス」重視?

はじめに、過去に転職経験がある人を対象に、直近の転職理由について質問。大阪と東京で下記のような違いが出ました。

【働く女性調査】転職動機や会社選びの基準は大阪・東京でどう違う? 20~30代女性の「転職の本音」が明らかに
(画像=「転職経験あり」の人のみが回答。4位以下の回答省略、『Woman type』より引用)

大阪では「ワークライフバランス充実のため」が第一位。東京では、「年収アップ」が第一位の転職理由となっています。

さらに、第三位には大阪・東京ともに「前職への不満」の解消のためという回答が並びました。

また、転職先の企業を選ぶときに最も重視するポイントを聞くと、大阪では「人間関係が良い」ことと回答した人が28%で最多。東京では、「自由度の高い働き方ができる」ことを選んだ人が最も多く23%となりました。

【働く女性調査】転職動機や会社選びの基準は大阪・東京でどう違う? 20~30代女性の「転職の本音」が明らかに
(画像=4位以下の回答省略、『Woman type』より引用)

職場の人間関係の良さやチームワークの良さは、ワークライフバランスの充実にも影響を与えるため、大阪で働く女性が重視する傾向があることにもうなずけます。

また、東京の女性も年収アップや、ワークライフバランス重視の転職をした人が多かったため、「自由度の高い働き方ができる」ことや、「給料が高い」会社を選ぶ傾向があるようです。

第三位には、「やりたいことができる」という回答が大阪・東京ともに並びました。

やっぱり転職活動は不安!

さらに、これから先の転職について質問すると、「不安」と回答した人が6割以上という結果に。

【働く女性調査】転職動機や会社選びの基準は大阪・東京でどう違う? 20~30代女性の「転職の本音」が明らかに
(画像=『Woman type』より引用)

転職に不安を感じる理由としては、「転職はしたいが、自分に転職できる力があるのか分からない」(28歳/大阪在住)、「年齢を重ねるごとに転職が厳しくなりそう」(31歳/東京在住)などのコメントが寄せられました。

転職に対する不安を解消するために、「すぐ転職しなくても、転職サイトに登録しておいて自分の適性年収を知るようにしたり、企業からスカウトメールをもらったりする」(29歳/東京在住)という女性も。

今の職場にいながら自分の市場価値に不安を感じたときには、ぜひ試してみたい方法です。

また、将来の転職活動への不安は過去の失敗経験に関係していることも。また同じ間違いを繰り返したくないという思いから、転職活動に対する腰が重くなってしまうケースもあるようです。

そこで転職の失敗談について聞いてみると、大阪・東京で下記のような違いが出ました。

【働く女性調査】転職動機や会社選びの基準は大阪・東京でどう違う? 20~30代女性の「転職の本音」が明らかに
(画像=「転職経験あり」の人のみ回答。4位以下省略、『Woman type』より引用)

大阪では「人間関係が悪かった」が第一位。転職先選びで人間関係の良好さを重視したのに入ってみたら職場がすごくギスギスしていた……という経験がある人が意外と多いのかもしれません。

東京では「仕事内容が思っていたものと違った」が第一位。求人票に書かれていたことや、面接で聞いたことと違う仕事を任された、という経験をした人が多いようです。

転職前にはその企業の情報をHPや求人票を見てしっかり調べておき、可能な限りそこで実際に働いている人に入社前面談などしてもらうようにすると、ミスマッチが少なく済みそうです。