「離乳食に大根やかぶはいつから使えるの?」「大根やかぶを使った離乳食レシピは?」と悩んでいませんか? 初めて離乳食に使う食材は、アレルギーや食べさせ方が心配ですよね。 離乳食に大根やかぶはいつからOKなのか、食べさせ方のコツとおすすめレシピを紹介します。

離乳食に大根やかぶはいつからOK?

離乳食の大根やかぶはいつからOK? 冷凍保存はできる? おすすめレシピ8選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

大根やかぶはくせが少なく、加熱をするととても軟らかくなるので、生後5~6カ月ごろの「離乳初期」から使用できます。

ただし葉の部分はアクや少量の苦みがあるため、生後7~8カ月ごろの「離乳中期」からがいいでしょう。

大根やかぶはアレルギーがない?

大根やかぶは、野菜の中でも比較的アレルギーが起こりにくい食材です。ただし、食物アレルギーの心配がまったくないとはいい切れません。赤ちゃんによって、口の中や周りが赤く腫れたり、体に湿疹が出たりする可能性があります。大根とかぶはどちらも同じアブラナ科のため、片方の食材でアレルギーが出た場合、もう一方でも出る恐れがあり注意が必要です。最初は、ほかの食材と同様に、赤ちゃんの機嫌がよく、病院を受診できる時間帯に少量から与えましょう。

離乳食におすすめ! 大根とかぶは栄養豊富

離乳食の大根やかぶはいつからOK? 冷凍保存はできる? おすすめレシピ8選
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

大根とかぶの白い根の部分は淡色野菜、葉の部分は緑黄色野菜に分類されます。それぞれどのような栄養素を含んでいるのでしょうか? 

離乳食におすすめ:大根の栄養

白い根の部分には、免疫力を高める「ビタミンC」や、便秘の解消に役立つ「食物繊維」が含まれています。ビタミンCは水に流れ出やすいので、鍋で軟らかく煮て、煮汁ごと一緒に食べましょう。

大根の葉は根よりも栄養価が高く、ビタミンEやビタミンK、βカロテンを豊富に含みます。ビタミンは熱に強いため、加熱調理が基本の離乳食でも損なわれません。またカリウムやカルシウム、リン、鉄なども豊富に含まれるので、離乳中期以降は葉も積極的に取り入れましょう。

離乳食におすすめ:かぶの栄養

かぶは根の部分に「ビタミンCや食物繊維、ジアスターゼ、カリウム」などが含まれ、栄養素は大根とよく似ています。一方、かぶの葉には「ビタミンEやビタミンK、βカロテン、カリウム、カルシウム、リン、鉄」などが多く含まれ、その栄養価は野菜の中でもトップクラスです。かぶの葉も大根の葉同様に、中期以降は取り入れたい食材です。