生後5、6ヶ月は離乳初期ですが、生後5ヶ月から離乳食をあげている場合は、生後6ヶ月に2回食へ進めることができます。生後6ヶ月の2回食の進め方やスケジュール、注意点、おすすめレシピなどを紹介します。

生後6ヶ月は離乳初期(ゴックン期)

【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

2回食に進む赤ちゃん

離乳食の開始目安の月齢は生後5、6ヶ月ごろです。生後5ヶ月から離乳食を始める赤ちゃんもいれば生後6ヶ月から離乳食を始める赤ちゃんもいます。生後5ヶ月から離乳食を始めている赤ちゃんは1回食から2回食に進める時期です。

2回食になると1回食の時と比べて少し固さのあるものを食べられるようになるころです。
1回食ではポタージュ状のさらさらのものでしたが、2回食ではヨーグルト状のものぽってりとした状態の固さでも飲み込めるようになります。お粥は少し粒が残っても大丈夫になります。

この時期の離乳食はたくさん食べることを目的にはしていません。この時期の離乳食は食べる楽しみや野菜や魚本来の味や舌触りを楽しむことなので急に量を増やさないように気をつけましょう。

生後6ヶ月から離乳食を始める赤ちゃん

赤ちゃんの成長には個人差があるので、生後5ヶ月で離乳食を食べる準備ができていない場合、生後6ヶ月から離乳食を始める赤ちゃんもいます。

離乳食を開始できるサインは、首や腰が据わっていること、赤ちゃん1人5秒程度座っていられること、よだれの量が増えていること、食べ物に興味があること、生活のリズムが整ってきていること、赤ちゃんの口にスプーンを入れても押し出す回数が少なくなっていること、などです。

初めての離乳食は10倍粥を裏ごししたものを1日1さじからあげていきます。離乳食をあげる時は、スプーンを赤ちゃんの下唇に乗せて自分で食べてくれるのを待ちましょう。スプーンを口の奥まで入れないように注意してくださいね。

生後6ヶ月(2回食)の離乳食 1回の目安量は?

【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

生後6ヶ月で2回食に進んだ場合、1回の目安量を紹介します。

  • 10倍粥  30g
  • 野菜   15g
  • 豆腐のみ 25g
  • 魚のみ  5~10g

2回食を始めた最初のころは1回目の食事はいつも通りの量を、2回目はお粥を10gから始めるなど、少しずつ量を増やしていきます。急に離乳食の量を増やしてしまうとお腹がびっくりしてしまいます。2回食の献立を考えるときは炭水化物、タンパク質、ビタミン・ミネラルをバランスよく取れるように考える必要がありますね。豆腐と魚を一緒にあげる時は、魚と豆腐の量を調節しましょう。

生後6ヶ月の離乳食(2回食)のスケジュール例と授乳量

【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

06:00 授乳
10:00 授乳+離乳食
14:00 授乳
18:00 授乳+離乳食
22:00 授乳

母乳は赤ちゃんが欲しがるだけあげてOkですが、授乳のリズムを心掛けましょう。
粉ミルクを飲んでいる赤ちゃんは、飲ませている粉ミルクメーカーの規定量を守り、1回200~220mlを1日3回、離乳食後は140mlを午前と午後の2回あげましょう。

2回食に進めるときの注意点は?

【生後6ヶ月の離乳食】2回食の進め方は? スケジュールやレシピなどを紹介
(画像=『はいチーズ!clip』より引用)

2回食を始めるサインは一定量を機嫌よく食べられるようになること、食べ物を噛むようにしてごっくんできていることが目安です。離乳食を始めて1ヶ月経ったから必ず2回食にしなくてはいけないというわけではありませんので、赤ちゃんの様子を見て無理なく進めてあげましょう。

2回食にしたあとも初めての食材を食べるときはアレルギーやかぶれなどが出る可能性がありますので、病院の開いている午前中に小さじ1杯から始めることを心掛けてくださいね。