人相占いで悪口言う人の顔つきや目つきなどには特徴があるのでしょうか。悪口ばかり言っていると顔が変わる?悪口を言う人は因果応報?友達が多い?など気になることも説明します。

人を貶めることを言ったり、告げ口をする人、これら悪口を言いふらす人はどこに行っても必ずいます。そういう人は、たいてい約束を守らなかったり、一度決めたことでも気に入らなければ反故にします。

付き合う際には苦労してしまいますが、人相占いでは悪口を言う人に共通する顔つきがあります。これを知れば、嫌な思いもせず上手に付き合うことができます。それでは、この悪口を言う人の顔つきの特徴などについてSpicomi独自の解釈も加えて詳しく解説していきます。

悪口ばかり言う人は顔が変わる?

悪口を言う人はそれなりに性格が悪いと言えます。顔にはその人の感情や本音が、どうしても現れてしまいます。本人が意識してその場を取り繕っても、顔の各パーツに刻まれた特徴は消えにくいと言えます。

意地の悪いことばかりしていると、自然とそういう性格の顔になっているわけです。特に無意識の時に浮き彫りになります。悪口を言うからには周囲に対してネガティブな気持ちを抱いています。それによって眉間にしわを寄せたり口角が下がったりします。悪口をあまり言わない人とは明らかに顔が変わるわけです。

悪口を言う人の顔の特徴10個[人相学]

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

■1. 目がつり上がる

普段から苛立つことが多く、怒ってばかりいると目がつり上がることが知られています。人の考え方や行動などが許せないことが多く、何かと気になり頻繁に怒っているはずです。これがほぼ常態化するので、つり上がります。特に気性が激しいと怒る際は、表情が硬く固まりやすく、かなり目がつり上がるので固定化しやすいようです。

■2. 目つきが悪い

人を憎んでいたり、妬んでいるとどうしても睨みつけるような目つきになります。自分よりも下に蔑んで見ていると、見下した目つきになります。

人を性悪説に基づくスタンスで見ているので、期待などはせず目に光が乏しい面もあります。感情と連動させて目を細めたり、血走って異様な輝きを放つこともあるようです。いずれにしましても悪い印象を与える目つきになります。

■3. 眉間にシワがある

怒っていたり、困りごとがあると眉間にシワが寄ります。悲しい時や疲れている時もあります。人の粗探しをしたり、不平不満が多くてもシワが寄りやすいと言えます。

いずれにしましてもネガティブな感情を抱いていることになります。このような状況が多いと、自然にシワが刻まれてしまいます。また暴言を吐く際にもシワが寄り、頻度が多い程深く刻まれるようです。

■4. 口角が下がる

笑うことが少なく、ムスッとしていることが多いと口角が下がるとされます。人の言動に不満ばかり募らせていると、徐々に口角が下がっていくようです。

悪口ばかりを考えていると、しかめっ面になりがちで口角が下がることが知られています。何事にも批判的で、両方の口角が下がり口がへの字になるようです。また悩みや不安が多く下唇を噛みやすいと口がへの字になります。

■5. 片方の口角が上がる

悪口を言う人は、素直に笑うことがなかなかできないので、何らかの含み笑いをすることが多くなります。含み笑いはどちらか片方の口角が上がり、これを頻繁にしていると片方だけが上がるようです。心底笑うことはなく、何らかの意地悪な企みがあると片方の口角が上がり、あざ笑う形になります。左右非対称で笑うと、人を軽蔑している上に不気味な印象を与えます。

■6. 老け顔

顔が全体的にシワなどが多くなり、顔色もそれ程よくないので、実年齢よりも老けた印象になります。何をやっても上手くいかなくて、自分をやたらに蔑んでみたりします。

苦悩の表情がより老け顔にするようです。特に人の顔は、だいたい30才以降は人生観などが反映されます。今まで年を重ねてきた中で不平不満が多いと、世の中を妬むようなやつれた顔つきになります。

■7. 笑っても目が笑ってない

笑っているはずなのに、何か違和感が感じられるとされます。これは笑っていても目だけが笑っていなかったり、楽しそうに見えないからです。腹に一物あり、良からぬことを考えていると言えます。

目が笑っていない場合、何らかの暗い気持ちをどこかに抱いてるはずです。本心を隠し仕方なく成り行きで笑っているとされます。人の幸福をネガティブな気持ちで見ている面もあります。

■8. クールに見える

何があってもほとんど感情を表に出さず、平然とした表情になるとされます。一見するとクールで恰好が良いのですが、どこか冷たさが垣間見れます。

ミステリアスな魅力があるようでも、それを超越するような深い闇が内面にある可能性が高くなります。冷酷で無慈悲な態度を取り、人を陥れようとしていることを常に考えているはずです。

■9. 顔が歪んでいる

悪口を言ったり意地が悪い性格だと、顔も歪むことが知られています。性格の歪みが顔にも出ることが多いようです。

顔の各パーツは整っているものの、全体として見た場合に何となく違和感があります。表情がどこか変だと感じる場合、顔に歪みが生じていると言えます。顔が歪むからには、かなりの性格の悪さがあるので、注意が必要かもしれません。

■10. 鼻で笑う

人の話や冗談などを小バカにしたようにせせら笑うとされます。この際に鼻で軽く笑うようです。笑われた相手には気分の悪さが残り、嫌な印象を与えます。

これは人を見下していることの現れになります。自分の方が上でいることが当たり前で、人が上になると妬むことにつながります。プライドが高く、人の自慢話を茶化す傾向にあります。