ポイントメイクの中でも眉メイクが苦手という方は多いのではないでしょうか?眉は顔の印象を左右するため失敗したくないパーツでもありますよね。今回は基本のアイブロウアイテム3種を使用して、ズボラさんでも失敗しない眉メイクのコツをご紹介します。

使用アイテム

今回のメイクで使用したアイテムです。

ここさえ押さえればOK♡ズボラさんでも失敗しない!簡単眉メイクのコツ3選1.jpg
(画像=michillより引用)

【デイジードール ブロウライナー BR-04】
アイブロウペンシルとアイブロウパウダーが一体になっており、反対側にはスクリューブラシが付いている、1本で3つの役割をこなしてくれるアイブロウアイテムです。
カーキ寄りの明るめブラウンが、抜け感のある今っぽ眉にぴったりです。

【デジャヴュ アイブロウカラー 102 アッシュオリーブ】
極細のブラシが細かい部分まで塗りやすく、ひと塗りでしっかり色を乗せることができるアイブロウマスカラです。
新色のアッシュオリーブはグリーンがかったニュアンスカラーですが、緑が強すぎないためデイリーメイクにもマッチします。

アイブロウペンシル編

それでは眉メイクのコツを順に解説していきます。

まずはアイブロウペンシルで眉の大まかな形を決めていきます。

ここさえ押さえればOK♡ズボラさんでも失敗しない!簡単眉メイクのコツ3選1.jpg
(画像=michillより引用)

アイブロウペンシルの芯を2mmほど繰り出し、眉尻部分にのみ大まかに輪郭を描きます。

眉の形の決め方は、眉山は黒目の外側の延長線上、眉尻は口角と目尻の延長線上を目安にしましょう。

表情を動かしてみて不自然にならない位置に眉を描くのがポイントです。

骨格に沿った緩やかなアーチ型が誰でも似合いやすく失敗しづらいためおすすめです。

アイブロウパウダー編

続いてはアイブロウパウダーを使用して全体を描いていきます。

ここさえ押さえればOK♡ズボラさんでも失敗しない!簡単眉メイクのコツ3選1.jpg
(画像=michillより引用)

チップ型のアイブロウパウダーで、まずは眉中央あたりから眉尻側に向かって、先に描いた輪郭をぼかしながら埋めていきます。

中央から眉頭側はチップに残ったパウダーを軽くポンポンと付けて、全体の色をなじませる程度でOKです。

眉頭をはっきり描きすぎてしまうと抜け感のない仕上がりになってしまうため、眉頭はあえて自眉を生かすのがポイントです。