青汁の原材料として有名なケールは、「苦くて食べにくい野菜」というイメージがありませんか?

ケールは青汁として飲む以外にも、生で食べたり加熱調理で食べたりもでき、多くの栄養素を含むスーパーフード。

柔らかくて苦みが少ないケールを選べば、毎日の食卓に気軽に取り入れることができます。

一般の食卓では、まだまだ馴染みの少ないケールの選び方やおいしく食べるコツ、種類や料理方法などの情報をお届けします!

ケールとは?

ケールは、アブラナ科アブラナ属の野菜。キャベツやブロッコリー原種で、和名はリョクヨウカンラン・ハゴロモカンランと言います。

地中海沿岸が原産地のケールは、江戸時代頃に日本に入ってきて栽培されるようになりました。

温暖な気候で育ち、キャベツのように結球しないため、比較的育てやすい野菜として日本でも広まりました。

ケールは「青汁」の原材料としても有名なので、苦いイメージを抱かれがち。

でも実は、独特の苦みはペースト状にする際の酸化による原因が大きく、炒めものやサラダとして食べると、苦みはそれほど感じません。

そのため、料理に適した野菜と言えるのです。

キャベツやブロッコリーなどの葉物野菜と共に、気軽に取り入れることのできるケールは、栄養価も高く、海外セレブからも人気を集めています。

次に、ケールの高い栄養価について見ていきましょう!

ケールの優れた栄養効果

ケールには多くの栄養素が含まれています。

生のケール可食部100gあたりの栄養成分を紹介します。

  • たんぱく質 2.1g
  • 炭水化物 5.6g
  • 食物繊維 3.7g
  • βカロテン 2900μg
  • ビタミンE 2.4mg
  • ビタミンK 210μg
  • ビタミンB1 0.06mg
  • ビタミンB2 0.15mg
  • ナイアシン 0.9mg
  • ビタミンB6 0.16mg
  • 葉酸 120μg
  • パントテン酸 0.31mg
  • ビタミンC 81mg
  • ナトリウム 9mg
  • カリウム 420mg
  • カルシウム 220mg
  • マグネシウム 44mg
  • リン 45mg
  • 鉄 0.8mg (参考:旬の食材百科

    キャベツと比較してみると、ケールに含まれるβ-カロテンは約60倍・葉酸は約2倍・ビタミンCは約2倍・カリウムは約2倍・カルシウムは約5倍もあります。

    その他の栄養成分も、他の緑葉野菜よりも多く含まれているため、いつもの葉物野菜料理にケールを使うことによって、栄養摂取割合が格段に上がります。