2019年11月より、LINEが発行するインセンティブが、LINE PayボーナスからLINEポイントに一本化されました。今回は、LINEポイントになったことでサービスがどのように変わったかを説明します。また、LINEの今後のポイント戦略についても解説します。

LINE Payボーナスってそもそも何?

LINE Payボーナスは、通常のLINE Pay残高と同じように、買い物で使ったりLINEの友達に送金したりできます。

2019年5月下旬から6月上旬にかけて、「祝!令和 全員にあげちゃう300億円祭」という名の大規模なキャッシュバックキャンペーンが行われました。このとき、友達からLINE Payボーナスが送られてきて、LINE Payを使い始めた人もいるのではないでしょうか。

LINE Payボーナスが使える店舗は、LINE Pay加盟店のコンビニやドラッグストア、オンラインショッピングなどです。ファミリーマートやローソン、ビックカメラで買い物ができる他、LINE STOREでのスタンプ購入に利用することも可能です。

LINE Payにはユーザー還元プログラム「マイカラー」があります。マイカラーでは、グリーン・ブルー・レッド・ホワイトなどのバッジカラーに応じて、それぞれ「支払額×2%・1%・0.8%・0.5%」のLINE Payボーナスが付与されてきました。

今回の変更は、LINE Payボーナスに代わって今後はLINEポイントがバッジに応じて付与されるというものです。既に発行されているLINE Payボーナスは、これまで通りLINE Payボーナスとして使えます。

LINE PayボーナスとLINEポイントの違いは?

LINEポイントは、動画を見たりゲームをプレイしたり、LINEサービスを利用したりすることで貯まるポイントです。LINEショッピングやLINEデリマ、LINEトラベルなど、LINEポイントが貯まるサービスは拡充されつつあります。

LINE PayボーナスとLINEポイントの一番の違いは、友達への送金の可否です。

LINE Payボーナスは、支払い・送金ができますが、出金はできません。一方、LINEポイントは、送金・出金ができず、使えるのは支払いのみです。LINE Pay残高については支払い・送金・出金のすべてに対応しています。

送金ができなくなったことを除けば、これまで通りショッピングで利用することが可能です。