「植物性ミルク(プラントベースミルク)」とは、その名の通り植物性食材から作られたミルクのこと。

植物性ミルクは、乳糖不耐症や乳アレルギーで牛乳が飲めない方や、乳製品を摂取しないヴィーガンの方も安心して取り入れることができます。

しかも、植物由来のため、ノンコレステロールで低脂肪。カロリーが低いものも多く、健康志向の方からも広く注目を集めているんです。

最近は、牛乳・豆乳に続く植物性ミルクということで「第三のミルク」という言葉も多く目にするようになってきました。

今回は、今知っておきたい&取り入れたい、植物性ミルクについての記事をまとめました!

それぞれの特徴を知り、是非普段の食生活にも取り入れてみてください。

アーモンドミルクのここが知りたい!ダイエットや美容効果は?

ナッツ類の中でも栄養価が高い、アーモンドから作られた、アーモンドミルク。

アーモンドを水につけて柔らかくし、それを粉砕、水を加えて濾して作られます。

アーモンドには、抗酸化作用のあるビタミンEが多く含まれています。また、血中コレステロールの調整に期待ができるオレイン酸や、ポリフェノール・食物繊維も豊富です。

アーモンドミルクは自宅でも作ることが可能!記事の最後にご紹介しているので試してみてくださいね。

記事はこちら

ココナッツは万能選手!「ココナッツミルク」の使い方を知ろう

捨てるところがないと言われるココナッツ。中の液体はドリンクとして、花の蜜はシュガーに、皮は生活用品や雑貨として使われます。

中でもココナッツの種子は、オイルにしたりパウダーにしたりとその用途は様々。ココナッツミルクも、種子を粉砕し、水と煮込んで作られます。

フィリピンやインドネシアなど、熱い地域で栽培されるココナッツには、カリウム・鉄・マグネシウムなどのミネラルが豊富です。

独特の香りと風味があり、スイーツはもちろん、カレーとの相性が良いのも良く知られていますね。

記事はこちら