3月8日は国際女性デー。1977年に国連によって定められた、女性の活躍を支援するための記念日です。

この1年間、さまざまな女性が登場したWoman typeのコンテンツの中から、働く女性をモチベートしてくれるような記事を5本ご紹介。年に一度のこの日、自身の働き方・生き方を見つめ直す機会としてみてはいかがでしょうか?

DeNA南場智子「キャリアの寄り道」安心してできる社会へ。“優等生をやめる時”がきている

【国際女性デー】働き方・生き方を考えるときに読みたいインタビューまとめ/南場智子、佐々木かをりなど
(画像=『Woman type』より引用)

女性として、起業家として、初の経団連副会長に就任した株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)会長の南場智子さん。

何となく現状維持を選択してしまっている……という若手に対して、南場さんは「もっとわがままに、安心して寄り道をしてほしい」とエールを送りました。

一社に長く勤めれば安泰という時代は終わり、これからは主体的にキャリアを築かなければいけない時代。南場さんの言葉の真意とは?

100万超え高額プログラムに受講希望者殺到のワケ 「自分らしく生きる女性増やしたい」Ms.Engineer代表・やまざきひとみの原動力

【国際女性デー】働き方・生き方を考えるときに読みたいインタビューまとめ/南場智子、佐々木かをりなど
(画像=『Woman type』より引用)

最短6カ月で未経験からエンジニアを育成するオンラインプログラミングブートキャンプ『Ms.Engineer』。100万円を超える高額なプログラムにも関わらず、サービスを開始した2021年11月以来、受講希望者は後を絶ちません。

その背景には「女性の人生を変え、慣習や固定概念を崩す」という、単なるプログラミング教育に止まらない思いへの共感があるとMs.Engineer代表・やまざきひとみさんは語ります。

「女性が人生のオーナーシップを持てる未来」を目指すというやまざきさんに、その思いを詳しく聞きました。

【高橋怜奈】産婦人科医・ボクサー・YouTuber…「やりたいことは全部やる」医師が選んだ後悔しない生き方

【国際女性デー】働き方・生き方を考えるときに読みたいインタビューまとめ/南場智子、佐々木かをりなど
(画像=『Woman type』より引用)

都内の大学病院で働く産婦人科医・高橋怜奈さんは、医師として働くかたわら、30歳でボクシングのプロテストを受けてライセンスを取得した“女医ボクサー”。

「何かあったら大変だからボクシングはやめておいた方がいい」と周囲に言われながらも、「迷いなく挑戦することを決めた」と振り返る高橋さん。

やりたいことに軽やかにチャレンジする彼女の「自分らしい生き方」の根底にある思いをたどるインタビューです。