連載:「私の未来」の見つけ方
生き方も、働き方も、多様な選択肢が広がる時代。何でも自由に選べるって素敵だけど、自分らしい選択はどうすればできるもの? 働く女性たちが「私らしい未来」を見つけるまでのストーリーをお届けします

YouTubeチャンネル『バイリンガール英会話』で人気の「バイリンガール」こと吉田ちかさん。「好きなことで生きていく」を体現する彼女は、子どもができたことで「これからの生き方」を考えるようになったという。

そこで始めたのが、プチ移住。これまでオーストラリアとマレーシアで、それぞれ3カ月間暮らした。

働き方も、住む場所も、そしてあらゆる固定概念から自由であろうとするちかさんが描く「私らしい未来」とはーー?

「子どもの遊び場所が狭いこと」がプチ移住生活のきっかけに

私が会社を辞めて、YouTuberになって約10年。これまでも仕事で悩むことはあったけれど、「この先どう過ごしたいか」を真剣に考えるようになったのは、子どもが産まれたことがきっかけでした。

それまで東京で生活していた私が「子どもを育てるのは東京ではなくてもいいのかな」と思ったのは、ある雪の日のこと。

自分がアメリカの田舎で広々とした土地に育ったこともあり、子どもたちが道路沿いで窮屈そうに雪だるまを作って遊んでいる姿を見て、「東京って、こんなに遊ぶ場所が狭いのか」と思ったんです。

そこで国内の移住先を調べ始めたのですが、次第に「国内に絞る必要はないのでは?」と思いついたことが、海外プチ移住生活の始まり。私自身もいろいろな国の生活を見てみたいと思ったし、ちょうどいいかなと。

「それなら3カ月間、外国のどこかで暮らしてみよう」と、オーストラリアのメルボルンとマレーシアのクアラルンプールで生活しました。

場所の選び方は、直感が大きいです。

マレーシアに行ったのも、メルボルンのカフェでたまたま出会った日本人のご夫婦からおすすめされたことがきっかけでした。YouTubeでアジアを紹介したこともなかったし、面白いかなと。

マレーシアに行ったのは初めてでしたが、とても都会で驚きました。イギリス領だった歴史もあり、街のエリアごとにさまざまな特徴がある。大きな日本食スーパーもあって、想像以上に何不自由ない生活ができました。

2カ国でのプチ移住生活を経て気付いたのは、やっぱり私はさまざまな文化や人に触れるのが好きだということ。

そして、短い期間の旅では得られないものがあることを実感しています。長く滞在するからこそ、現地で出会う人たちとの関係性が深まる面白さがある。

マレーシアから帰国して2年経った今も、当時知り合った人たちと連絡を取り合っています。

「子どもにとってどうなの?」の固定概念を覆したい

【バイリンガール 吉田ちか】子育ても親の生き方も「もっと自由になれるはず」海外プチ移住生活を経て気づいたこと
(画像=オンライン取材中のちかさん、『Woman type』より引用)

ただ、海外プチ移住を家族で繰り返すような、まだ多くの人があまりやっていない生き方を選択すると、「それって子どもにとってどうなの?」「 親が子どもを連れまわすなんてかわいそう」「子どもが学校に通うようになったらそういう生き方はできないね」と、言われることも。

たしかに、上の子が3歳半になった今、私自身に迷いがないわけではありません。マレーシアでも、娘はプリスクール(幼稚園)に行く日は毎回必ず泣いていたのに、最終日だけは泣かなくて。「せっかく慣れたのに、帰国するのか…」とも思いました。

でも、私には子どもがいる親の生き方や、子育てそのものに対する固定概念を覆したい思いもあって。「親なんだから自由に生きられなくて当たり前」という考え方自体を変えたい。

例えば、「家族で海外移住なんて、子どもにとってかわいそうだし無理だよね」って思う人には、逆に「なぜそう思うのか」を考えてみてほしい。

確かに、慣れ親しんだ場所を一時的にでも離れることでデメリットもあるかもしれないけれど、移住しなければ得られないものもあるわけで、そこにはメリットもいっぱいあるんじゃないかと。

逆に、同じ土地にずっといればメリットしかないか、といえばそうではないと思います。

そして、コロナ禍でリモートワークやオンラインでのコミュニケーションが浸透した今、住む場所を固定しなくても、慣れ親しんだコミュニティーに身を置く方法はいくらでも持てるようになりました。

【バイリンガール 吉田ちか】子育ても親の生き方も「もっと自由になれるはず」海外プチ移住生活を経て気づいたこと
(画像=『Woman type』より引用)

学校はまだ一か所に固定されているけれど、今後は教育を受ける場所だって固定化せずに済むようにできるんじゃないかな、もっといろいろな選択肢があるんじゃないかな、って思うんです。

もちろん、子どもに必要な学びはオンライン教育だけでは足りませんし、私も転校した経験があるので、学校が変わる負担やつらさもよく分かる。

でも、例えばオンライン上に学校とは関係のないコミュニティーがあって、そこに子どもが所属していれば、世界中のどこに行っても友達とつながれますよね。

そのコミュニティーを軸に持って、さまざまなところで生活をしながら多様な価値観や文化、視点を知ることができれば、生活自体も学びになる。今話題のメタバース(仮想現実)なども、これから役立ちそうです。

新しいツール、テクノロジーをうまく使って、子育てしながらでも場所に縛られない自由な生き方をする選択肢がもっと普通になっていいのでは、と思います。

「これだ!」と思ったらまず動く。失敗したら泣き叫んで「はい、次!」

働き方も、住む場所も、生き方も、今はたくさんの選択肢があって迷う人も多いと思います。でも、私はあまり深く考えないタイプ。「これだ」と思ったらすぐ動くのが私のスタイルです。

自分に合っているかは実際にやってみないと分からない。だから、悩んでいても意味がない。それなら早く動いた方がいいじゃないですか。

【バイリンガール 吉田ちか】子育ても親の生き方も「もっと自由になれるはず」海外プチ移住生活を経て気づいたこと
(画像=『Woman type』より引用)

仮に選択したことを後から「違ったな」と思ったら、すぐ切り替えてそこから学んだことを次に生かせばいいだけ。

起きてしまったことにクヨクヨしても意味がないと思っているので、「やっぱりあっちの選択肢にすればよかった……」と、考えたこともありません。

今回のコロナもそうですね。私の動画はほとんどが旅動画だったから、旅ができなくなった今は正直きついです。どんなコンテンツが出せるか、いつも必死で考えています(笑)

でも、仕事を辞めるわけにはいかないから、工夫してやるしかない。

そういう中で、子どもとのやりとりを動画でアップしたら、「子どもの英語の成長が見えて面白い」「ちかさんと娘さんが話している英語のスピードが分かりやすい」といった反響があって。

やり方を模索しながら動き続けていれば、新しい発見もあるんだなと改めて思いました。

とはいえ、私だってもちろん落ち込むことはありますよ。

皆さんが思っているほど私はポジティブじゃないから、悩むし、凹むし、泣くし、時には感情が爆発して泣き叫ぶことだってあります(笑)

でも、失敗や後悔にとらわれて前に進めない状態にはならないですね。私は感情を表に出すタイプで、友達に話したり、文章に書いたり、自分が思っていることを全部吐き出しちゃえばすっきりできるんです。

とにかくダラダラ落ち込むんじゃなくて、ガッとどん底まで落ち込んで、マイナスの感情を一気に発散する。そうすれば「よし、次!」と思えるから、切り替えは早い方かもしれないですね。