チアシードといえば、食物繊維が豊富でダイエットに効果的というイメージが強いですね。

それ以外の栄養素も豊富なチアシードについて、もっと知ってみませんか?

チアシードの食べ方が分からなくて取り入れにくいという声もありますので、上手な取り入れ方についても紹介していきます。

水とチアシードさえあれば生きていけると言われるほどのスーパーフードに迫ります!

チアシードとは

チアシードとは、シソ科アキギリ属の「チア」の種のことを言います。

原産地はメキシコ中南部からグアテマラの地域で、16世紀頃からすでに栽培されていた歴史のある植物。紫色のかわいい花を咲かせる1年草です。

その高い栄養価は世界的に注目されており、海外セレブやハリウッド女優の間でも人気を集めています。

チアシードは水を吸うと、10倍ほどに膨らみます。

種を囲むように半透明の膜ができるため、満腹感を得られやすい食材なんです。

チアシードの栄養については、次に紹介していきます。

チアシードの栄養

チアシードは、健康維持に欠かせない栄養素が豊富に含まれています。

可食部100gあたりの代表的な栄養素を見ていきましょう。

  • タンパク質 16.5g
  • 脂質 30.7g
  • 炭水化物 42.1g
  • 食物繊維 34.4g
  • ナトリウム 16mg
  • カリウム 407mg
  • カルシウム 631mg
  • マグネシウム 335mg
  • リン 860mg
  • 鉄 7.7mg
  • 亜鉛 4.6mg
  • 銅 0.92mg
  • マンガン 2.72mg
  • セレン  55μg
  • ビタミンA 16μg
  • ビタミンE 0.5mg
  • ビタミンB1 0.62mg
  • ビタミンB2 0.17mg
  • ナイアシン 11.6mg
  • 葉酸 49μg
  • ビタミンC 2mg
  • α‐リノレン酸 18mg
    (可食部100gあたり) (参考:イートスマート

    これを見ると、タンパク質や食物繊維、ビタミンやミネラルなどがバランス良く含まれていることが分かります。

    チアシードを取り入れるメリット

栄養素が豊富なのは分かったけれど、具体的にどのような健康効果が期待できるのか気になりますね。

チアシードが奇跡のスーパーフードだと呼ばれるには理由があるんです。

低カロリーで高タンパク質

チアシードは100gあたり約486カロリーです。低カロリーなのに、他の植物と比べタンパク質含有率はかなり高く、動物性タンパク質を摂取しないヴィーガンにもおすすめの食材といえます。

食物繊維が豊富

チアシードは水分を含むと種の周りにグルコマンナンという成分を作り、約10倍に膨らみます。食物繊維は100gあたり約34gも含まれており、グルコマンナンの膨張効果で満腹感も得られやすい食材なんです。そのため、ダイエットに良いとされています。

オメガ3脂肪酸で血液サラサラに

チアシードに含まれるα-リノレン酸は、オメガ3脂肪酸のひとつです。オメガ3脂肪酸は、体内でDHAやIPAに変換される栄養素です。
エゴマ油やアマニ油、青魚からも摂取できる栄養素として有名ですね。

油や魚の独特の風味が苦手な方は、クセのないチアシードを摂取することによりオメガ3脂肪酸を補うことができます。

カルシウムが豊富

チアシードに含まれるカルシウム量は100gあたり約631mg。現実的に、毎日100gのチアシードを食べるとは考えにくいとはいえ、牛乳コップ1杯に含まれるカルシウム量227mgと比べても、カルシウムが豊富に含まれていることが分かります。

女性はカルシウムが不足しがちですので、毎日の食事に取り入れたい食材といえます。

(参考:チアシード効果