アロハ!
2020年1月1日にハワイで施行された法案のご紹介第二弾です!

今回は「日焼け止め使用制限」のお話です。

世界初!日焼け止め使用制限法案について

参照:@goHawaiiJP

世界初といわれるハワイの「日焼け止め使用制限法案」は、実は来年2021年1月1日に導入されます。

しかし、ハワイ島西のケアラケクア湾州立歴史公園では、一足早く2020年1月1日にスタートしました。

湾は流れが穏やかで汚れやすいため、オアフ島のハナウマ湾自然保護区では既に汚染が懸念されています。

そのため、海洋環境の保護のため水溶性の日焼け止めは禁止となっています。
ケアラケクア湾も水の透明度が抜群のシュノーケリングスポットなので早めの対応がなされたのかもしれません。

この法案は、サンゴ礁に有害な物質を含む日焼け止めの販売や流通を禁じるもの。
つまり、サンゴを守るための取り組みの一つでもあります。

日焼け止めの有害な成分とは?

参照:auauhawaii公式サイト

紫外線を防御する日焼け止め成分には「紫外線吸収剤」と「紫外線反射剤」の2種類があります。

今回規制の対象となったのは、オキシベンゾンとオクチノキサートという「紫外線吸収剤」を含む日焼け止めです。

これらの成分はサンゴ礁の白化の原因であるという研究結果もあり、今回のハワイの法案に習ってパラオやカリブ海のボネール島でも禁止される事になりました。