最近ハワイでは、ヘルシーフードのお店が増えています!

豆腐を使ったスパム結びやキヌアのサラダ、グラノーラにヨーグルトのアサイーなどメニューも多彩。
しかし、実はこれらは古くからハワイにあるものではないのです。

今回は古代からハワイに伝わってきた、ヘルシーなハーブティーをご紹介します!

ハワイ原種のハーブ「ママキ」

イラクサ科の植物ママキ māmakiと呼ばれるものです。(学術名 Pipturus albidus)

ママキはポリネシア人がハワイへ移住する前に、すでにハワイ諸島に生息していたとも言われるハワイ固有の植物。

ハワイアンはこの植物の実で感染症の薬を作ったり、木の部分を薄く剥いで水に浸け、根気よく叩いて伸ばして作る布の代替え品、タパ(ハワイではカパ)を作ったりもしていました。

ママキ・ティー

参照:@drinkshakatea

今回おすすめするのは、そのママキの葉で作るお茶ママキ・ティー。

乾燥させたママキの葉に、熱湯を注いで抽出して飲みます。
長くお湯に浸しても苦くならず、クセのない味でホットでもアイスでも美味しくいただけます。

ハワイ島のホノカアの街を舞台にした映画「ホノカア・ボーイ」で、主人公の玲雄君とビーさんがこのお茶を飲んでいるシーンがありました。

最近では健康志向の人々に、ハワイのスーパー・ハーブとして人気が出ています。