アロハ!

2020年、年初早々からハワイでスタートした、法案や条例がいくつかあります。
その中でも、ハワイに遊びに行くわたし達に関係するものを、二回に渡ってお知らせしたいと思います!

今回は第一弾。オアフ島でレジ袋禁止法案スタートしたことについてご紹介します。

オアフ島でレジ袋全面禁止に

オアフ島では2020年1月1日から、スーパー、デパート、用品店などのプラスチック制のレジ袋が全面禁止になりました。

2015年からレジ袋が有料になり、これまでは買い物をして「あ!エコバック忘れちゃった!」「持ってきたバックに入らない!」という時には、レジ袋を有料で購入できました。

しかし今回は、再利用可能で成分が分解されるものでもビニール製は一切禁止ということになりました。
店舗によっては紙製のバッグの用意もあるようですが、お買い物の際にはエコバックが必携ですね。

2022年にはプレートランチの容器も禁止に!?

2022年には飲食店でのプラスチックの食器類の提供も禁止になります。
ハワイでは、テイクアウトやフードワゴンで買うランチプレートも楽しみの一つですが、この容器ももちろん禁止に。

既に2018年12月にはマウイ郡で、2019年7月にはハワイ島で発泡スチロール素材の容器は禁止され、それに代わる再生可能な素材の容器の使用が義務づけられています。

一部例外もあり、たまごや肉、魚を入れる容器に関してはレジ袋や容器の使用が認められています。