最近よく耳にするビーガン(ヴィーガン)とベジタリアン、その違いをご存知でしょうか?

一般的なベジタリアンが肉や魚を食べないのに加え、ビーガン(ヴィーガン)は卵・乳製品・はちみつも口にしません。

こう言うと、「サラダをはじめとした野菜しか食べない人?!」とどこか不思議な目でみられることがあります。

しかし、日本ではまだあまり知られていないビーガン(ヴィーガン)ですが、海外では健康や美容、そしてメンタルのセルフメンテナンスのためにライフスタイルに取り入れている人が沢山います。

今日はそんなビーガンとベジタリアンについて、ゆるベジ目線でわかりやすく説明したいと思います。

ベジタリアンはベジタブルが由来ではない?

ベジタリアンのベジとはラテン語のvegetus(ベジェトゥス)が語源で、「健全な」「新鮮な」「活力のある」という意味です。

今から170年前の1847年に発足した英国ベジタリアン協会で初めて使われた言葉だそうです。

ベジタリアンの種類

ベジタリアンと一口にいっても沢山のタイプに分けられます。

  • ビーガン(植物性食品のみを食べる)
  • ラクト・ベジタリアン(植物性食品と乳製品は食べる)
  • ラクト・オボ・ベジタリアン(植物性食品と乳製品、卵は食べる)
  • ペスコ・ベジタリアン(植物性食品と魚、卵、乳製品は食べる) 上記の他にも多くのカテゴリーに分類されています。

    アレルギーや病気など健康のため、自身の考え方、環境のため、宗教、スピリチュアルな理由など、ベジタリアンになる背景は様々です。

    ビーガンとは完全菜食主義者

    ビーガンという言葉は、1944年イギリスでビーガン(ヴィーガン)協会(The Vegan Society)が設立された際に命名されたとされています。

    ベジタリアンとは様々なタイプの菜食主義者の総称ですが、ビーガンは卵や乳製品を含む、動物性食品をいっさい口にしない「完全菜食主義者」のことです。

    さらに、食だけに限定するのではなく、身の回りのものからできるだけ動物由来のものを避けることで動物の命を尊重する「エシカル・ビーガン」の人たちもいます。

    エシカル・ビーガンの人は、例えばレザーや毛皮などの動物性製品全般の使用を避けます。