次のチャレンジ応援します!
Another Action Starter
日々の暮らしの中で、ちょっとしたチャレンジをすること。それが、Woman typeが提案する「Another Action」。今をときめく女性たちへのインタビューから、挑戦の種を見つけよう!

10歳で第7回「東宝シンデレラ」オーディションの史上最年少グランプリを受賞して以降、俳優・声優・歌手など幅広いフィールドで活躍している上白石萌歌さん。

2月4日に公開される映画『ゴーストバスターズ/アフターライフ』では、日本語版吹替声優として主人公に抜擢された。

アニメの声優経験はある上白石さんだが、ハリウッド映画の吹替は初めて。どんなふうにこのビックチャレンジに向き合ったのだろうか。

ゴーストとの対決シーン「汗をかくほど体力を使った」

世界的ブームを巻き起こした映画「ゴーストバスターズ」シリーズの30年後を描いた今作。

上白石さんが声を務めるフィービーは、ゴースト退治のメカニックを開発していた初代ゴーストバスターズの一人イゴン・スペングラー博士の孫だ。

12歳ながらどこか達観しているフィービーに「自分よりも精神年齢が上かもしれない」と微笑む。

【上白石萌歌】苦手な仕事を避けてきた。「決めつけること」をやめて開けた新たな扉
(画像=『Woman type』より引用)
【上白石萌歌】苦手な仕事を避けてきた。「決めつけること」をやめて開けた新たな扉

上白石さん

フィービーはすごく大人びている子なんです。だから、少女性をそのまま出すのではなく、彼女の知的な部分を特に意識して演じました。

でも、フィービーには12歳らしいおじいちゃんっ子な一面もあって。その子どもらしい純粋な気持ちもあわせて表現したいと思いました。

フィービーは祖父譲りの「科学を愛する心」と「メカニック技術」で、次々に現れるゴーストたちに立ち向かっていく。ゴーストと対決するシーンでは「汗をかくくらい体力を使った」と上白石さんは言う。

【上白石萌歌】苦手な仕事を避けてきた。「決めつけること」をやめて開けた新たな扉
(画像=『Woman type』より引用)
【上白石萌歌】苦手な仕事を避けてきた。「決めつけること」をやめて開けた新たな扉

上白石さん

普段は全身をフルに使って主観的にお芝居をしているけれど、吹替となると画面を見ながらなので客観的なお芝居をすることになるんです。

でも客観的なお芝居をそのまましてしまうと、わざとらしく“吹き込んでいる感”が出てしまう。そうならないために、役者の方の仕草や息遣い、口の動きなどを意識して。

自分の中にフィービーの見ている情景を引き寄せるように心掛けました。

アフレコを振り返りながら「難しかった……」と思わず本音をこぼす上白石さん。中でも特に苦労したのは「英語と日本語のニュアンスの違いをどう表現するか」という点だった。

【上白石萌歌】苦手な仕事を避けてきた。「決めつけること」をやめて開けた新たな扉

上白石さん

作中でアメリカンジョークを言うシーンが何度もあったのですが、日本人には伝わりにくいものも多くてどう表現するか悩みました。

でも、一つ一つ試行錯誤を重ねてなんとか納得いく吹替ができた。この経験を経て、私自身の表現の幅も広がったように感じます。