ハワイでは、12月から4月頃にかけて「ホエールウォッチング」を楽しめます。
ハワイ周辺で見られるクジラは、ザトウクジラとういう種類で、アラスカからこの時期にやって来て繁殖や出産・子育てをします。

15mほどの大きなクジラが、しっぽを持ち上げたりジャンプしたりする姿は迫力満点!
冬のハワイならではのホエールウォッチング。
今回は、オアフ島で手軽に楽しめるおすすめスポットをご紹介します。

マカプウ展望台

オアフ島東端エリアのマカプウ岬にあるマカプウ展望台は、旅行者がいちばん手軽にホエールウォッチングを楽しめるおすすめスポットです。

展望台までは、マカプウ・ポイント・ライトハウス・トレイルというトレッキングコースを行きます。

このマカプウ・トレイルコースは、舗装されたなだらかな坂道なので、トレッキング初心者や子どものいるファミリーでも行きやすいコースです。

ホエールウォッチングができるポイントには看板が出ていたり、クジラが見えるシーズン中はたくさんの旅行者が座っていたりするのですぐにわかります。

私は以前、2月にマカプウ展望台からホエールウォッチングをしました。
しっぽが見えたり、ジャンプしたりすると、周りの人たちの大歓声が聴こえます。
持ちやすい双眼鏡があると、より楽しめるのではないかとも思いました。

タートル・ベイ・ビーチ

オアフ島北部ノースショアにあるタートル・ベイ・ビーチは、その名の通りホヌ(ウミガメ)に出会える場所として人気です。

また、冬のノースショアはサーフィンの大会が多く行われていることでも有名。

タートル・ベイ・リゾートは、約8キロにもわたる海岸線が続いており、ホエールウォッチングをするのにも最適な場所と言えます。

また、クジラ保護の非営利団体の主催で、クジラの数をかぞえるイベントが毎年行われています。
ビーチからクジラが潮吹きするなど迫力ある姿が見られますよ!