「エンジニア」への転身を考える女性が増えている。

『女の転職type』会員への調査では、「エンジニアになってみたい」という興味が「すごくある」「どちらかというとある」人は40%を超えた。

Q.エンジニアの仕事に(転職・キャリアチェンジについて)興味がありますか?

【落とし穴】未経験からエンジニアになりたい人が知っておきたい挫折回避の方法/Ms.Engineer やまざきひとみ
(画像=《調査概要》アンケート実施期間:2020年10月2日~10月15日/有効回答数:907名/調査方法:『女の転職type』会員に対してWeb上で調査、『Woman type』より引用)

現に、未経験でエンジニア求人に応募する人は、2018年から2020年で3倍以上増えている。

【落とし穴】未経験からエンジニアになりたい人が知っておきたい挫折回避の方法/Ms.Engineer やまざきひとみ
(画像=『女の転職type』会員データから作成、『Woman type』より引用)

だが、未経験からエンジニアデビューを果たすためには、いくつかのハードルがあるのも事実。

せっかくプログラミングスクールに通い始めたのに続かなかった……。
プログラミングを学んだはいいけれど、仕事にはつながっていない……。

そんな事態を避けるためには、何が大事なのだろうか。

エンジニアになりたい女性向けに国内最難関のカリキュラムを提供するプラグラミングブートキャンプ『Ms.Engineer』の代表を務めるやまざきひとみさんに、エンジニア転身で挫折しがちな人の特徴と、エンジニアデビューを前に挫折しないために一人一人ができる対策を聞いた。

【落とし穴】未経験からエンジニアになりたい人が知っておきたい挫折回避の方法/Ms.Engineer やまざきひとみ

【お話を伺った方】Ms.Engineer代表 やまざきひとみさん
1984年生まれ。2007年にサイバーエージェント入社。『アメーバピグ』立ち上げプロデューサー、大人女性向けキュレーションメディア『by.S』編集長などを担当し、15年に独立。16年にHINT inc(現在は株式会社アタラシイヒ)を設立し、代表取締役に就任。女性向けメディア『C CHANNEL』編集長を経て、21年4月よりMs.Engineer代表を務める

1. 学習時間を十分確保できていない

【落とし穴】未経験からエンジニアになりたい人が知っておきたい挫折回避の方法/Ms.Engineer やまざきひとみ
(画像=『Woman type』より引用)

プログラミング学習のために必要な時間を捻出できていない人は、高確率で途中で挫折してしまいます。

戦略的に学習時間を確保し、自分を追い込むためには、周りを巻き込むのが一番。そのためのポイントは大きく二つあって、一つは周囲に自己開示することです。

プログラミングの学習をしていることや、エンジニアになりたいと思っていること、そのためには勉強をする必要があることなど、自分の状況を周りの人にどんどん発信していきましょう。

自分自身が「宣言したんだからやらなきゃ」という気持ちになるという効果もありますが、周囲の人も「今日は勉強する日だよね」など声を掛けてくれるようになったり、学習に有益な情報を教えてくれるようになったりすると思います。

それが、学習継続の力になるはず。

もう一つは、一緒に学ぶ仲間をつくること。自分一人で勉強のペースをつくって学ぶのは、非常に難しいことです。

自力で何でもできると思わず、同じ目標を持つ仲間とZoomをつないでオンラインで集まるなど、誰かと協力しながら学ぶ環境をつくれると学習を継続しやすいと思います。

2. 人の顔色を気にし過ぎてしまう

【落とし穴】未経験からエンジニアになりたい人が知っておきたい挫折回避の方法/Ms.Engineer やまざきひとみ
(画像=『Woman type』より引用)

「同僚に負担がいくと思うと、仕事をはやく切り上げられない」「家事や子どもの面倒などを家族に任せられない」「今の環境を捨ててエンジニアになるなんて無謀だ」など、人の顔色を気にして周囲の協力をあおぐことができない人は、学習途中で挫折しがちです。

プログラミングの勉強にかかる期間は、だいたい半年~1年。その期間に猛勉強して「人生を変えたい」という強い意思や熱量があれば、意外とみんな味方をしてくれるもの。

私も『Ms.Engineer』で5週間の初心者プログラムを受講した時は、子どもの面倒を母に頼むなど、協力してもらいました。

「迷惑がかかってしまうかもしれない」と思うあまり協力をお願いできない人は多いですが、決まった期間で頑張った結果、自分の人生が好転したら、周りの人たちも笑顔になるはず。

そうやって少し長い目で考えることで、意識を変えられるんじゃないかと思います。

3. 「向いていない」とすぐ判断してしまう

【落とし穴】未経験からエンジニアになりたい人が知っておきたい挫折回避の方法/Ms.Engineer やまざきひとみ
(画像=『Woman type』より引用)

エンジニアには、向き不向きがあります。

得意なことや好き嫌いの差から生じることなので、向いていないのは仕方がないことです。ただし、「向いていない」と判断する前に、そう思う理由をよく考えてみましょう。

もしも向いていないと思う理由が、「周りについていけていない」「自分だけ理解が遅い」といったことであれば、判断するのはまだ早いです。

よくあるのは、単純にまとまった学習時間が確保できていないことが理由で周囲に追いつけなくなり、「向いていない」と判断してしまうパターン。

自分の学習のペースを決めて、他の人と比較し過ぎることをやめたら、自分に自信がついて勉強が楽しくなったとおっしゃる女性も多いんです。

一方で、「勉強すること」それ自体が苦手で、知識の習得さえも苦痛に感じるという方には向いていない仕事だとは思います。

エンジニアは常に最新技術をキャッチアップし、学びを更新し続けていかなければいけない職業。それはどの会社で働いていても、フリーランスであっても変わりません。

つまり、勉強を続けることが苦にならなければ、エンジニアに向いている可能性は十分あります。よく聞かれますが、プログラミングの向き不向きに文系・理系は関係ありません。

周囲と自分を比べて「向いていない」と早々に諦めてしまう前に、その理由を冷静に見つめてみましょう。