「ペット探偵」という仕事がある。

不意のアクシデントによって行方が分からなくなった迷子のペットを見つけ出し、捕まえる。そんな動物捜索・捕獲のプロフェッショナルがペット探偵だ。

神奈川県藤沢市に本拠地を置く「ペットレスキュー」は、年間200件以上の依頼が殺到するペット探偵のエキスパート集団。猫、犬などの迷子ペットの発見率は8割を超え、業界内でも高い捕獲実績を誇る。

そこで働く遠山敦子さんは、2020年からペット探偵としてのキャリアをスタートさせた。

「犬や猫に限らず、生き物はみんな大好き」と笑顔を浮かべる遠山さん。行方不明となったペットとその飼い主のために日夜奮闘する遠山さんに、ペット探偵の流儀を聞いた。

迷子ペットの救世主。発見率8割超、凄腕ペット探偵の仕事流儀「どの捜索も初心を忘れず」
(画像=遠山敦子(とおやま・あつこ)さん
1996年生まれ。大阪府出身。島留学制度により、13歳から16歳まで九州の離島で生活。野生の動物たちと触れ合う日々を過ごす。2020年、『情熱大陸』(TBS)で紹介されたペット探偵・藤原博史に衝撃を受け、ペットレスキューに入社。現在に至る、『Woman type』より引用)

迷子の猫を探し、三日で90キロ歩いたことも

ペット探偵は昼も夜も関係なく、いなくなったペットを探し、見つけて捕獲するのが仕事です。

動物とはいえ、飼い主にとっては家族。いなくなった子どもを探すような気持ちで、毎回ペットの捜索にあたっています。

仕事は楽ではありません。夜型の猫が相手なら、捜索地域を夜な夜な歩いて探し回ることもあるし、正直、生活スケジュールは不規則になりがちです。

また、基本の捕獲セオリーはあっても、ペットにも人間同様に性格があるので、毎回同じようにはいきません。

迷子ペットの救世主。発見率8割超、凄腕ペット探偵の仕事流儀「どの捜索も初心を忘れず」
(画像=『Woman type』より引用)

とにかく足で稼ぐことも重要で、一日30キロ歩いたことも(笑)。捜索が続いて、三日で90キロ以上歩いたこともあったかな。さすがにその時は脚がパンパンになりました。

こうやって話すと、もともと運動が得意だったの? って聞かれるんですけど、全然そんなことはなくて。

普段の私は100m先のコンビニに行くのも原付バイクを使うくらい歩くのが嫌い(笑)。だけど、動物のためなら歩けちゃうから不思議ですよね。

ペットを捕まえるには、捕獲器や、ドロップというトラップを使います。

迷子ペットの救世主。発見率8割超、凄腕ペット探偵の仕事流儀「どの捜索も初心を忘れず」
(画像=猫の捕獲によく使用する捕獲機。餌などを中に置き、ペットが自分から入り込むのを待つ。床にはられた板をペットが踏むと、その重みで入口が塞がれる仕組み、『Woman type』より引用)

ドロップというのは、動物が餌に気をとられているうちに紐を引っ張ってゲージを落とすという、よく漫画とかでも見る古典的なトラップです。

だけど、猫は警戒心が強いから、そう簡単に引っかかりません。そうなってくると、私と猫との根気比べ。

タイミングを一瞬でも間違えると逃げられてしまうので失敗は許されません。重要なのは、焦らず、じっとその瞬間を待つこと。長いときは、紐を持ったまま5時間くらいじっとして待っていたこともありました。

時には、猫に見つからないようにマンションとマンションの隙間にじっと隠れて待つことも。理由を知らない人からすれば不審極まりないですよね(笑)

子どもの頃から「動物のためなら、ずっと待てた」

自分の生い立ちを振り返ると、小さい頃から生き物が人一倍大好きな子どもでした。幼稚園の時は、あの黄色い帽子を使ってスズメを捕まえようとしたりして。

スズメって素早いので、タイミングを狙うにはじっと息をひそめて待つのが大事。普段はじっとしていられない子だって言われていたんですけど、この時から生き物のためならいくらでも我慢できたんですよ(笑)

迷子ペットの救世主。発見率8割超、凄腕ペット探偵の仕事流儀「どの捜索も初心を忘れず」
(画像=「まさか、子どものころの遊びがこうやって仕事に生かされるなんて……夢にも思っていませんでした」(遠山さん)、『Woman type』より引用)

私の動物好きのルーツは、父。父も動物が大好きで、よく兄と三人で山に遊びに行きました。と言っても、親子で仲良くハイキングというわけではありません。

わが家の山遊びは基本、現地集合、現地解散(笑)。「じゃあ、何時に集合で~」と時間だけ決めて、あとはみんな散り散りになって、おのおの好きな生き物を捕まえたり、自然を見たりして楽しんでいました。

私は13歳で親元を離れて鹿児島の平島という離島で暮らすことになりました。「島留学」と呼ばれる制度で、現地の方のお家に住まわせてもらって、そこから学校に通うんですね。

私の留学先である平島は、人口71人の小さな集落で。私はそこでも野生のヤギを捕まえて、ホームステイ先の玄関で飼ったりしていました(笑)