一流の仕事人には、譲れないこだわりがある!
プロフェッショナルのTheory
この連載では、各界のプロとして活躍する著名人にフォーカス。 多くの人の心を掴み、時代を動かす“一流の仕事”は、どんなこだわりによって生まれているのかに迫ります

得意なことや好きなことだけを仕事にできる人なんて、ほとんどいない。

多くの人が、「なんで私はこの仕事をやっているんだろう」と思いながら、苦手なことや向いていないことに取り組んでいる。

映画監督の大九明子さんも、その一人だ。

昔からものづくりは好きだった。だけど、根っからの人見知りで、とてもチームの長として指揮をとるようなリーダータイプではない。

そんな自分が、ものづくりの頭である映画監督をやっていることに「どうしてこうなったんだっけ?」と不思議に思うこともあると言う。

「ちっともリーダー気質ではない」という大九監督は、どのようにチームを率いているのだろうか。

配信ドラマだからこそこだわった、リアルな咀嚼音

現在、Amazonプライム・ビデオにて独占配信中のドラマ『失恋めし』。

本作のメガホンをとった大九さんは、原案となった木丸みさきさんの『失恋めし』を読んだとき、ある絵が心に残ったと言う。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

コミックの「はじめに」というページの1コマに、失恋した女の子が涙をちょちょぎれさせながらも、にっこり笑っておそばを食べている絵があったんですね。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

それがとってもかわいくて、この作品の感情の振れ幅のマックスはここだなと。

あの絵から感じられた空気感を目指して、寝る前に見たくなるようなゆるいドラマをつくっていこうと決めました。

その言葉通り、オフビートな空気感にまったり心をほぐしつつ、おいしそうな「失恋めし」の数々におなかが鳴るドラマが誕生した。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き
(画像=『Woman type』より引用)
【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

食べ物が主役というよりは、出てくる食べ物がどう登場人物に影響を与えるかが大事。だから、いわゆるシズルカット(食欲をそそるようなカットのこと)はあまり意識していません。

出てきたものを、俳優の皆さんがおいしそうに食べる。その瞬間を逃さず撮ることを心掛けました。

特に大九さんがこだわったのは、咀嚼音。それも見る側の食欲を刺激するためではなく、「食べ物がどう俳優の体を通過していくかを大事にしたかったから」だと明かす。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

もちろん効果音で整えることもありますが、基本的には現場の音をそのまま生かすようにしています。

なので、俳優さんにはなるべく本番まで食べるのを我慢してもらって(笑)。おなかを空かせた状態でリアルなリアクションを頂戴しました。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

特に今回は配信作品としてのスタートなので、イヤホンをして見る人も多いのかなと思って、音にはこだわりを込めています。

多数決では決めない。リーダーの役割は、軸を持って決定すること

何とも言えない「ゆるさ」が持ち味の本作品。この世界観をつくり上げるためにも、時には意見を戦わせなければいけない場面もあったという。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

打ち合わせの段階では、「ここで主人公が大失恋をして……」とドラマチックな展開を望む声もしばしばあって。

その度に「違う」「それはだめ」と主張しました。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

あの、泣きながらも笑顔でごはんを食べている絵を見せて「私たちがつくるのはこういうドラマです。ドラマチックな展開を入れたいなら、オリジナル作品でやるべきだ」と説明したんです。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き
(画像=『Woman type』より引用)

作品づくりは、チームによる共同作業。意見が割れることは珍しくないだろう。

そんなとき、チームリーダーの監督である大九さんはどうするのか。答えは、とても明快だった。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

作品をつくる上での話し合いは、意見のちょうど間をとればいいというものではない。なので、たとえ意見が割れたとしても「多数決では決めません」とはっきり申し上げています。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

そして、監督である以上、作品づくりに対する決定権は自分にある。その責任を全部背負って、OKなのかNOなのか、私が決断するしかないんです。

いい仕事は、多数決では生まれない。だけど、そんなふうに腹をくくれる人は多くはない。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

私自身も、もともとリーダータイプでもないんですよ。集団行動とか苦手ですし、一人が大好き。

なんで私のような、いつまでも人見知りが治らない人間がこんな集団でものを作る仕事をやってるんだろうと、ふとわれに返ることもしょっちゅうです(笑)

それでも、大九さんは自らの決断で現場という船を前へ前へと動かしている。

何かを決めるのが苦手。人を引っ張るのが得意ではないーー。そんな悩める女性に向けて、大九さんはどんな言葉をかけるだろうか。

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き
(画像=『Woman type』より引用)
【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

そりゃあできないよね、って言うと思います(笑)。 私だってすごく嫌だし、やらなくていいならやりたくない。

でもそこは仕事ですから。ちゃんと決めて指示を出さないと、一緒に働くチームメンバーや後輩は困ってしまうでしょう?

【映画監督 大九明子】超人見知りでもリーダーはできる。秘書・ピン芸人・俳優…紆余曲折のキャリアから学んだ仕事の向き不向き

大九さん

誰かが決めないと物事は動かない。だから間違えているかもしれないけれど「私はこうすべきだと思う」と決断していかざるを得ないんです。

これは仕事だとスイッチを切り替えて、別の自分をつくるくらいの気持ちでやったらいいんじゃないでしょうか。