見た目はブルーベリーのような「アサイー」は、ベリー類ではないということを知っていましたか?

ハワイの朝食としてブレイクしたアサイーをまだ食べたことがないという方は、まずは栄養素や抗酸化成分について知ってみましょう。

嬉しい効果がいっぱいだと知ると、生活に取り入れたくなるはず。

アサイーとはどういう食べ物か、栄養素や期待できる効果などを紹介していきます!

アサイーとは?

アサイーは、 ブラジルやアマゾンの河岸が原産のヤシ科の植物です。

「奇跡のフルーツ」とも呼ばれています。

日本では、ハワイの朝食として「アサイーボウル」が有名になり、スーパーフードとして広く知られるようになりました。

現在は、他のスーパーフードに押され気味といった感じでしょうか?

しかし、アサイーは、一時のブームにしておくのはもったいない食材。アマゾンの先住民が過酷な環境下で生き抜くために食べたと言われており、栄養素の高いミラクルフルーツなのです。

アサイーベリーとも呼ばれることから、ベリー類の植物だと勘違いされることも多く、見た目もブルーベリーを少し大きくした形をしています。

クセもなく甘味や酸味も強くないため、他のフルーツと合わせて食べるか、スムージーなどの飲料にするのが人気。

アサイーは1粒のほとんどが種なので、可食部は全体の5%しかありません。

そのわずか5%の中に秘められた栄養素や抗酸化成分が、注目されています。

アサイーの栄養素や期待できる効果は、次に紹介します。

アサイーの栄養素とは?

アサイーの主な栄養素は、

  • ポリフェノール(抗酸化作用)
  • 鉄分
  • ビタミンE(抗酸化作用)
  • 食物繊維
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • オレイン酸(生活習慣病の予防効果)
  • α-リノレン酸
  • 葉酸
  • ビタミンB1
  • ビタミンB12
  • アミノ酸 などです。

    アサイーの濃紫色には、抗酸化作用の効果が期待できるポリフェノールがたっぷりと含まれています。

    また、アサイーの中で特に注目すべき栄養素に、鉄分があります。

    アサイーはレバーの3倍もの鉄分が含まれており、貧血になりやすい女性は積極的に摂取したい食材。

    鉄分は汗で流れ出てしまいますので、スポーツをする方も意識して摂取するようにしましょう。

    他にも、カルシウム、食物繊維など、女性に不足しがちな栄養素もしっかりと含まれていることが、女性から人気を集める理由になっています。

    毎日を快適に過ごすためにも、無理なく取り入れたい食材なんです。

    アサイーの嬉しいアンチエイジング効果

アサイーはアマゾンという過酷な環境下で育つ植物。

活性酸素と呼ばれる過酷な環境のストレスに耐えらえるように、抗酸化物質がたくさん含まれているんです。

抗酸化物質の代表が、ワインなどに含まれるポリフェノールです。

アサイーに含まれるポリフェノールの主な成分は「アントシアニン」で、赤ワインやブルーベリーより何倍も多く含まれています。

アントシアニンといえば、眼精疲労の回復で有名な成分ですね。

抗酸化作用もあり、活性酸素と呼ばれる体内のサビを取り除く効果があるとされています。