男性比率が圧倒的に高いエンジニアの世界。女性エンジニアの中には、「身近なロールモデルがおらず、将来どんなふうに働いていくかイメージが湧かない」という人も多い。

そこでWoman typeでは、「女性エンジニアのキャリアを考える1DAYウェビナー」を2021年12月18日に開催。

日本アイ・ビー・エムの戸倉 彩さんと、タレント/ソフトウエアエンジニアの池澤あやかさんをゲストに迎え、トークイベントを行った。

会社員として働く戸倉さんと、フリーランスとして仕事をする池澤さん。立場も働き方も違う二人のエンジニアが、技術者として「好きな仕事を長く続ける」ためにやってきたこととは?

この記事では、講演内容の一部を抜粋してお届けしよう。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

日本アイ・ビー・エム株式会社
テクノロジー事業本部 第二カスタマーサクセス部長
フェデレーテッドデベロッパーアドボケイト
戸倉 彩さん

22011年11月より日本マイクロソフトにてテクニカルエバンジェリストとして『クラウディア窓辺』の「中の人」を担う。18年5⽉、日本アイ・ビー・エムに転職。セミナーやイベント登壇、執筆活動を通じてクラウドネイティブや開発ツールを軸に技術啓蒙を行う。21年7月からチームリーダーとしてマネージメントを行いながら、ビジネス案件の技術支援やオープンソースプロジェクトの貢献などにも取り組む

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

タレント、ソフトウエアエンジニア
池澤あやかさん

1991年7月28日 大分県に生まれ、東京都で育つ。慶應義塾大学SFC環境情報学部卒業。 2006年、第6回東宝シンデレラで審査員特別賞を受賞し、芸能活動を開始。現在は、情報番組やバラエティ番組への出演やさまざまなメディア媒体への寄稿を行うほか、フリーランスのソフトウェアエンジニアとしてアプリケーションの開発に携わっている。 著書に『小学生から楽しむ Rubyプログラミング』(日経BP社)、『アイデアを実現させる最高のツール プログラミングをはじめよう』(大和書房)がある

技術の学習で挫折しない&頼れるメンターを見つけるためのコツ

過去に『女の転職type』が女性エンジニアを対象に実施したアンケート調査によると、半数以上の人が「最新技術をキャッチアップし続けられるか不安」だと回答している。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法
(画像=『Woman type』より引用)

上記のような不安に対し、戸倉さんは「技術を学ぶ際には、軸を持つといい」とアドバイス。膨大な情報を前にして挫折しないためにも、「的を絞った学習を心掛けて」と呼び掛けた。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

戸倉さん

私は英語力を駆使して、ネットに公開されている海外の記事から最新情報をキャッチアップすることが多いです。

ただ、ネットにはあらゆる情報が溢れているので、全部を拾うことはできません。ある程度、自分でふるいにかけることが必要となります。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

戸倉さん

そこでおすすめなのは、「業務上、今すぐ必要な技術」と「知っておくと将来的に役立ちそうな技術」という二つの軸を持って情報収集を行うこと。

軸を二つ持つのは大変かもしれませんが、私の経験上、メリットは大きいと感じます。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

戸倉さん

例えば、ライフステージの変化などでしばらく仕事を離れたり、働き方が変わったりしたときに、特定の分野の知識しかないと手詰まり状態になることも。

今後ライフステージが変わってもエンジニアを続けていきたいと思う人は、「今すぐ必要な情報」だけでなく、「これから長く通用するテクノロジー」について意識的に学んでみるといいですよ。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法
(画像=『Woman type』より引用)

続いて池澤さんも、自身の学習方法を紹介。「フリーランスエンジニアならではの学び方がある」と明かした。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

池澤さん

技術って、OJTで学ぶのが一番身に付くんじゃないかなと思うんです。知識としていろいろ知っていても、実践に応用できないと技術を習得しているとはいえないので。

そこで私は、あえて難しい仕事にチャレンジして、「学ばないと作業ができない状況」に自分を追い込むようにしています。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

池澤さん

ただ、戸倉さんもおっしゃっていたように、業務で今すぐ使う技術だけを学んでいると、似たような技術ばかりに偏ってしまいがち。

なので、周辺情報を本やWeb講座でキャッチアップしたりして、資格取得にチャレンジしたりして、学習範囲を広げるようにしています。

加えて、「周囲のエンジニアから学ぶ」ことも意識している池澤さん。人や組織との関わりを固定化せずに広げていくことで、自分のスキルを見直す機会を意図的につくるようにしているのだとか。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

池澤さん

自分が身を置く環境や仕事をする相手を一定期間で変えていくと、その時々で自分のスキルの整理をする必要が出てきます。

そこから今の自分に足りないもの、これから必要な知識やスキルが分かることもある。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

池澤さん

フリーランスなら新しいパートナーを開拓してみるのがおすすめ。

会社員なら、部署異動や転職などで新しい環境に移ってみて、環境を変える機会を意識的に設けることはできるのかな、と思います。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法
(画像=『Woman type』より引用)

また、「技術を挫折せずに学び続けるためにはメンターを持つといいですね」と戸倉さん。メンターを見つける方法を三つ教えてくれた。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

戸倉さん

一つ目は職場で探す方法。自分が学びたい分野に詳しい人は意外と身近にいる場合も多いので、まずは社内で探してみるのが手っ取り早いですね。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

戸倉さん

二つ目は、コミュニティーを活用する方法。最近はさまざまなコミュニティーがあるので、SNSなどを活用して探してみると、自分に合ったものが見つかると思いますよ。

エンジニアが多く所属しているコミュニティーであれば、「次世代の人を育てよう」というマインドを持っている人が少なからずいるはず。そういう人に、仕事やキャリアの悩みを相談してみる手もあります。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

戸倉さん

三つ目はスクールに通う方法。お金はかかりますが、「講師」というメンターが必ず付きます。短期集中で学び、指導者を得たいときにはおすすめです。

【戸倉彩×池澤あやか】女性エンジニアが「好きな仕事」を長く続けていく方法

池澤さん

私は上司も同僚もいないフリーランスなので、メンターが見つけにくくて。それで試行錯誤した結果、最近はチームで開発できる案件に積極的にジョインするようになりました。

自分にとって学びの多いチームを短期間で複数渡り歩いていけるのは、フットワーク軽く動けるフリーランスだからこそだと思っています。