ビーツは、晩秋のこの時期には生で出回ってくる旬の野菜です。同種には、甘味料の甜菜糖の原材料になるビートもあります。

どちらも甘みが強く、特にビーツはオーブンでトーストすると、ジャガイモに似たホクホクとした食感になります。

また似た姿の野菜に、赤カブもあります。

今回は、冬が旬で栄養価も高く、とっても魅力的な食材のビーツを使った3種のヴィーガンスープレシピと、ビートや赤カブなどの違いをお伝えします。

ロシア料理ボルシチで使われる「ビーツ」と甘味料の「ビート」そして「赤カブ」との違いは?

ビーツとは・・・
ロシア料理のボルシチに使われる赤い野菜のビーツは、ホウレンソウと同じアカザ科です。地中海沿岸が原産国で、和名では「火焔菜(カエンサイ)」と呼ばれています。ちなみに、アメリカでは「テーブルビート」、イギリスでは「ルートビート」。

日本には、古く江戸時代からあったようです。旬の時期は、初夏の6~7月と晩秋の11月~12月になります。

ビーツは、切ると真っ赤な汁があふれ、「食べる輸血」とも呼ばれるほど、鉄分をはじめミネラルなどの栄養価に富んでいます。

「テーブルビート」とも呼ばれるため、ビートと混同しやすいのですが、色はビートよりも濃い赤色をしています。近年では、スーパーフードの一つとしても扱われています。

ビートとは・・・
ビートは、甘みが強く、砂糖の原料となる「甜菜(てんさい)」でビーツと同じアカザ科の仲間です。一般的には「サトウダイコン」と言われます。

赤カブとは・・・
赤カブは、アブラナ科です。アブラナ科の赤カブの赤色色素は「アントシアニン」。こちらはポリフェノールの一種で、ブドウなどにも含まれている色素です。

また、カブの場合、鉄分は主に根よりも葉に多く含まれています。

ビーツに含まれる栄養素

ビーツは、赤カブに姿が似ているため、栄養成分も赤カブと同じと思われがちです。またその甘さから、高カロリーで糖質も多く感じられるため、糖質制限をされている方には懸念されてしまいます。

しかし、ビーツは根菜類でありながら、ジャガイモやサツマイモよりも低糖質でカロリーも低く、ビタミン・ミネラルの豊富な野菜なのです。

食べやすい鉄分のビーツ

ビーツの栄養価はホウレンソウに近く、鉄分が豊富に含まれています。茹でたビーツに含まれる鉄分は、100gで0.4㎎です。

一見少ないように見えますが、ビーツの重さは、一つ200g程度。そのため、ビーツを半分食べると0.4㎎摂ることができます。

100gあたりの鉄分が多いと言われるシソには、100g中1.6㎎の鉄分が含まれます。しかし、シソは2枚食べて1g。ビーツ半分の0.4㎎の鉄分をシソで摂るには、50枚近くのシソを食べなければいけません。

このように重量あたりの鉄分を考えると、ビーツは根菜類のため、無理なく鉄分を摂ることができるのです。

トマトやニンジンと違うビーツの赤色

赤い色素には色々な種類があります。

よく聞く栄養素では、トマトやスイカに含まれるカロテノイド系の「リコピン」や、オレンジに近いニンジン・カボチャの色素に含まれる「βーカロテン」があります。他に、唐辛子の赤に含まれる「カプサンチン」などもあります。

そして、ビーツに含まれる赤は、赤カブと同じ「アントシアン系」の色素です。赤カブの色素は、「アントシアニン」。

一方、ビーツの赤は、同じアントシアン系の色素でも、赤い「ベタシアニン」と黄色い「ベタキサンチン」が含まれています。

これら二つは、総称して「ベタレイン色素」と呼ばれ、高い抗酸化作用があると言われています。

この色素はビーツ由来の物で、実はまだまだ未知の部分があるため、今後の臨床研究の成果を期待したいところです。

ビーツの栄養成分
茹でた状態で、100g中、
エネルギー42㎉・たんぱく質1.5g・リン29㎎・マグネシウム22㎎B1 0.04㎎・B2 0.04㎎・ナイアシン0.2㎎・B6 0.05㎎・葉酸110㎍・パントテン酸0.31㎎・ビタミンC3㎎・カリウム420㎎・ナトリウム38㎎・カルシウム15㎎・ナイアシン0.2㎎・食物繊維2.9g

となります。

(出展:野菜ガイドブック「女子栄養大学出版部」より)

特に栄養素として多く含まれているのは、カリウムです。カリウムは塩分濃度の調整に役立ちます。

色素系の栄養素との相乗効果により、ビーツにはむくみ解消・高血圧予防・殺菌効果などが期待されています。