ハワイアンジュエリーやハワイアングッズのデザインで良く見られるウミガメ。

なぜウミガメがモチーフに使われるのでしょうか。
また、ウミガメはどこで見れるのかも合わせて紹介していきます!

ハワイのウミガメは海の守り神

参照:@puaally_official

ウミガメをハワイでは「ホヌ」と呼びます。
ジュエリーのデザインにも多く使われていますよね!

ホヌはハワイで神様あら幸運を運ぶ「海の守り神」として大切にされています。
お守りとしてホヌのジュエリーを持つ方も多いようです!

ハワイでウミガメに出会えるビーチ

ハワイではシュノーケリングの際にウミガメと出会えたり、浜にあがってきているのを見ることができます!

ハワイでウミガメに出会える確率の高いビーチが以下の4つです。

ラニカイビーチ

ラニカイビーチはウミガメスポットの定番ビーチ。
夏(5~9月)にはほぼ確実にウミガメに出会うことが出来ます。
とても人気なのでかなりの人で賑わっています!

ハレイワ・アリイ・ビーチ

ハレイワタウンの近くにあるビーチです。
こちらのビーチは遠浅で泳ぎに自信がない人でも海に入ることができます。
ここではウミガメは冬の時期の方が見れる確率があがるので、冬場に訪れてみてくださいね!

パパイロアビーチ

人が少ないためかウミガメ達は浅瀬で優雅に泳いでいます。
岩場の多い海なので入る際には気を付けてくださいね!

ブラックロック

マウイ島のカアナパリビーチの最北端にあります。
名前の通り黒い岩礁がありウミガメは海藻を食べにきます。
こちらはシュノーケリングでみることができるので、ウミガメと一緒に泳ぎたい方におすすめです。