近年のハワイアンブームで、日本でもポピュラーになりつつあるポキ(ハワイ語でポケ)。
ポキとは、ハワイ語で「切り身」という意味を持つ日本の「漬け」に似た、ロコモコと並ぶハワイのソウルフードです。

ハワイでは少し歩けば必ず見つかるポキ屋さん。
今回は、そんなハワイの数あるポキ店から、LaniLani編集部が厳選したポキが美味しいお店9つをご紹介します!

あなたのお気に入りのお店はありますか?

オノ・シーフード/Ono Seafood

オアフ島ホノルルのカパフル通り沿いにあるスカイブルーの外観が目印のオノ・シーフードは、ポキのテイクアウト専門店です。

このお店は非常にシンプル!
メインの食材はアヒ(マグロ)とタコの2種類のみ。
そして味付けは、醤油、味噌、わさび、ハワイアン、スパイシーの5種類。

この中からそれぞれ1種類ずつ選ぶというシステムです。

組み合わせて10種類というのは決してバリエーションが多いわけではありませんが、人気が衰えないのは、やはり単純においしいからではないでしょうか。

それだけではなく、日本人観光客も多く訪れるこのオノ・シーフードは、ありがたいことに日本語メニューがあるので、初めての人でも英語が分からなくて注文ができないということもありません。

そういった気遣いも人気の理由のひとつなんでしょうね。

そんなオーナーの人柄が満載の、真心がたっぷりとこもったオノ・シーフードのポキ。
1種類では物足りない!

そんな方には、1人前のご飯に2種類のポキを乗せてくれる「ポキボール・コンボ」がおすすめです。

ちなみに、ポキボウルにする場合は、白米と玄米どちらかをチョイスできるので、ヘルシー志向の方にはたまらないのではないでしょうか?

新鮮で食感のよいマグロに絡みつくオリジナルソースは、ご飯にぴったりな濃い目の味付けで、一口食べたら止まらないこと間違いなし。

あまりのおいしさに食べすぎてしまう人も続出中です!

オノ・シーフード/Ono Seafood
住所:    747 Kapahulu Ave, Apt 4, Honolulu
電話番号:    808-732-4806
営業時間:    月曜・水曜~土曜 9:00~18:00、日曜 10:00~15:00
定休日:    火曜

タマシロ・マーケット/Tamashiro Market

オアフ島ホノルルのノースキングストリートとカノアストリートのちょうど真ん中にある、可愛らしいピンクの外壁に真っ赤なカニの看板が目印のタマシロ・マーケット。

もちろん、こちらのカニは大阪のカニ道楽のように動くことはありませんが、観光客だけでなくロコも足しげく通う老舗のお店です。

鮮魚店ですが、鮮魚だけでなく野菜やフルーツなどの青果コーナーやポキ専門のポキコーナーがあり、何より種類が豊富!

鮮魚店というだけあってどれも新鮮なものばかりです。
特に人気のものは午前中にすべて売り切れてしまうんだとか…!

定番のアヒポキはもちろん、カニポキやタコポキ、貝のマッスルポキといった変り種もあり、毎日30種類ほどは必ず用意してあるのだそう。

その中でも一番人気は、「オニオンアヒポキ」。
タマネギとアヒというよくある組み合わせですが、とびきり新鮮なマグロを使用するタマシロ・マーケットの「オニオンアヒポキ」は格別!

さらに、ポキボールを注文するとご飯も白米と酢飯を選べるというのも嬉しいです。

いつもより少し早起きをして、タマシロ・マーケットの新鮮なポキで贅沢な朝食はいかがでしょうか。

タマシロ・マーケット/Tamashiro Market
住所:    802 North King St.,Honolulu
電話番号:    808-841-8047
営業時間:    月曜~金曜 9:00~18:00、土曜 8:00~18:00、日曜 8:00~16:00
定休日:    無休
URL:    http://tamashiromarket.com/

フレッシュ・キャッチ/Fresh Catch

次にご紹介するのは、フレッシュ・キャッチ。
こちらは、オアフ島ホノルルのワイアラエ通りに面した、ポキとデリカテッセンのお店です。

元フレンチシェフのオーナーが作るポキは天下一品で、ロコや観光客が四六時中ひっきりなしにポキを求めにやって来るといいます。

それだけで人気の高さがうかがえますね。

そんなフレッシュ・キャッチには、日々たくさんのデリカテッセンとポキが並ぶのですが、なかでも一番人気はやはり王道の「アヒしょうゆ」。

ご飯の量が1スクープ、2スクープなどオーダー可能なのですが、1スクープでは足りないほどご飯に合う、なんともちょうど良い味付け。

他にもスパイシーなマヨネーズでマリネしたものや、シンプルな塩味のものなど、バラエティーに富んだポキばかりで迷いすぎて決められない…なんて人もいるそうです。

そして実は、このフレッシュ・キャッチの人気商品はポキ以外にも!
それはオーナーの奥さまが作る「レッドベルベットカップケーキ」。

これがまた絶品なんです!
美味しいポキを食べたあと、デザートに絶品「レッドベルベットカップケーキ」はいかがでしょう?。

ロコもイチオシのポキを味わえるお店、フレッシュ・キャッチ。
行かないなんてもったいないですね!

フレッシュ・キャッチ/Fresh Catch
住所:    3109 Waialae Ave, Honolulu
電話番号:    808-735-7653
営業時間:    10: 00~19: 30、土曜 8:00~19:30、日曜8:00~17:00
定休日:    月曜
URL:    http://www.freshcatch808.com/

ニコスピア38/Nico’s Pier 38

参照:Nicos Pier 38

ハワイでシーフードといえば、絶対に外せないのがニコスピア38。
魚市場の隣に位置し、漁港の目の前でポキを楽しめることで人気です。

お店の入口は、レストランとフィッシュマーケットの2つ。
フィッシュマーケットから店内に入り、ショーケースで売られているポキを購入しましょう。

それを持ってレストランへ移動して食べます。
もちろんテイクアウトも可能ですよ。

ショーケースに並ぶのは、マグロ、サーモン、エビなどの新鮮な魚介のポキ。
ベーシックなしょうゆ味から、スパイシーやキムチといった変わり種まで揃えています。

たくさんの種類から3つを選んで、ご飯にのせられます。
ご飯は、白米と玄米から選べるのもうれしいです。

ニコスピア38/Nico’s Pier 38
住所:    1129 N Nimitz Hwy, Honolulu
電話番号:    +1 808-540-1377
営業時間:    6: 30~21: 00、日曜 10:00~21:00
定休日:    無休
URL:    http://nicospier38.com//

タムラズ・ファイン・ワイン&リカーズ/Tamura’s Fine Wines & Liquors

参照:Tamura’s Fine Wines & Liquors

多くのレストランやカフェが立ち並び、ロコからも人気のグルメエリア・カイムキにあるアルコール専門店タムラズ・ファイン・ワイン&リカーズ。

ワインを中心に、ビール、日本酒、ウイスキーなど、リーズナブルなものから高額なお酒までハワイ随一の品揃えを誇ります。

実はこのお店、ポキを目当てに来店するお客さんも多いのだそう。
ハワイ近海で捕れた新鮮な魚介類を、ハワイアンソルトや醤油で和えたポキは名物商品。

アヒ、キングクラブ、タコ、エビ、ホタテなどを、定番の醤油味やスパイシーな味付けをしたバリエーション豊富なポキのほか、ピピカウラという干し肉のポキ、ガーリック味やチリ味の枝豆など、約20種類のメニューが楽しめます。

2種盛りにしたり、丼にして注文したりと、お酒好きはもちろん、お酒を飲まない方でも夢中になってしまうこと間違いなし!

店内には、ポキだけでなくチーズやハム、スナックなどのおつまみも豊富に揃っています。
せっかくならポキと一緒にワインやおつまみを購入し、ホテルでゆっくり楽しむというスタイルもいいですね♪

タムラズ・ファイン・ワイン&リカーズ/Tamura’s Fine Wines & Liquors
住所:    3496 Waialae Ave, Honolulu
電話番号:    +1 808-735-7100
営業時間:    9:30~21:00
定休日:    無休
URL:    http://www.tamurasfinewine.com/