【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)

部屋の角でも「つっぱり棒」が使える。

100円で買える便利グッズが、2021年8月10日、小久保工業所から登場しました。

「つっぱり補助板コーナー用」は、部屋のコーナー部分につっぱり棒を設置するためのアイテムです。今まであきらめていたデットスペースを低コストで有効活用できますよ。

予算220円で叶う

【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)

小久保工業所の「つっぱり補助板コーナー用」は、石こうボードやベニヤ板に使えます。

【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)

180度開けるホッチキスを使い、補助版にホッチキスの針を打ち込んで取り付けます。左右に各6か所、上下に各4か所と全部で20か所止める場所があります。

【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)
【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)
【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)

実際作業してみると、きれいにホッチキスの針を打ち込むにはけっこう力がいります。慣れるまで、針が途中で曲がってしまったり、斜めに打ち込んでしまったりと何度か失敗しました。

また、ホッチキスの先が丸みのあるデザインだと、上下のスペースに針がさせない場所がありました。

【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)

今回は、針をさせる範囲で固定していますが、壁にしっかりくっついています。最後にカバーを取り付けると見た目がスッキリ!

つっぱり棒は端の直径が20mm以下のものが使えます。補助版の耐荷重は4kgですが、つっぱり棒の耐荷重以上のものは掛けられません。

【デッドスペース有効活用】部屋の角っこで「つっぱり棒」できる便利グッズ、100均で発見!
(画像=『lovely』より引用)