興味がない人から何度もLINEでメッセージが来る…。めんどくさい男性のLINEの特徴と終わらせ方、対処法について説明します。面倒なやりとりは終わらせて楽しい時間にあてていきましょう。

めんどくさい男の第一印象は、意外と社交的です。LINEも積極的に送ってくるので、最初は友達が増えて嬉しいと感じるかもしれません。しかし、めんどくさい男は自分を相手にしてくれる人を見つけると、しつこいくらい関わってきます。場合によっては執着されてしまう可能性も…。

そこで今回は、めんどくさい男のLINEの特徴を解説!LINEの終わらせ方や対処法も伝授します。

めんどくさい男のLINEの特徴

めんどくさい男のLINEは、とにかく送ってくる回数が多いです。緊急性がなく、相手が興味を持てない内容でも、お構いなしに送ってきます。具体的には、以下のような特徴があります。

  • つぶやきのようなメッセージが多い
  • 自意識過剰でナルシストな内容が多い
  • コメントに困る写真を送信してくる
  • 自慢ばかりする
  • やり取りを終わらせる気配がない
  • 短いLINEを連続して送ってくる
  • 長文を送ってくる
  • 深刻で重い内容が多い
  • 誘ってほしそうなオーラを出す
  • しつこく誘ってくる
  • 既読返信が遅いと「大丈夫?」と過度な心配をする
  • 返信を催促してくる

LINEを受け取った相手の気持ちを全く想定していないのがわかる内容です。男性にとって、LINEは自分の承認欲求を満たしたり、暇をつぶしたりするためのもの。下手に自己肯定感が高いので、相手の迷惑を考えず、しつこいくらいLINEを送ってきます。

めんどくさい男のLINEの終わらせ方・対処法10個

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

めんどくさい男からのLINEは、通常対応をしていると、いつまで経ってもやり取りが続きがちです。下手をすると毎日しつこくLINEを送ってきて、あなたが対応に追われてしまいます。そこで、めんどくさい男のLINEの終わらせ方や対処法を教えます。

■1. ひたすらスタンプで返信する

めんどくさい男のLINEに丁寧に対応していると、ターゲットロックオンされてしまいます。ですので、できるだけ手を抜いた返信を心がけましょう。

最もわかりやすい手抜きはスタンプ。男性がどんなに長文でLINEを送ってきても、返信はスタンプ1回のみにするのです。毎回スタンプのみの返信がくれば、めんどくさい男もさすがにLINEを送る意欲を削がれます。

スタンプで返信する場合は、既読から間を開けないのがポイントです。「え?ちゃんとメッセージ読んでる?」と、めんどくさい男が疑うくらいが丁度良いでしょう。

■2. 数日後に返信する

返信まで間を開けて、「私はすぐに返信しない人です」とアピールする方法もあります。仕事など緊急性がない限り、メッセージが届いてから2~3日後に返信するのです。遅い返信は、相手のLINEも同じくらい間を開けてほしいアピールにもなります。

一応返信はしているので、マナーを問われる心配がありません。万が一男性から「返信が遅い」とクレームが来たら、「これが私のペースだから」と、取り合わないようにしましょう。

■3. 「忙しいからまた」と返す

一度やり取りが始まるとなかなか終わらないタイプの男性には、返信一発目で「忙しいからまたね」と、短く返信するのがおすすめです。

柔らかい表現で、「今はあなたのLINEに対応できません」という意味が伝わります。その後男性からLINEがきても、忙しくて見る暇がないことにしてスルーできます。

■4. 「何かあれば連絡します」と送る

めんどくさい男からのLINEを受け取りたくないなら、やり取りの締めくくりに「何かあれば連絡します」と送りましょう。

「LINEは私から連絡するので、あなたは送ってこないでください」「何もなければLINEしません」の、2つの意図を含んだ内容です。あえて敬語でメッセージを送れば、男性はあなたとの距離を感じて遠慮するようになるでしょう。