営業アシスタントと聞くと、どの様なイメージが湧きますか?

  • 「一般事務と比べると忙しそう」
  • 「営業さんのお手伝い?難しそう」

さまざまな印象があると思います。

ここでは、大手広告代理店で11年間営業アシスタントとして

働いた経験を元に、仕事内容やお給料、やりがいまで、詳しくご説明させていただきます。

広告代理店の営業アシスタントの仕事内容ってどんな感じ?

広告代理店の営業アシスタントってどんな仕事?11年働いた経験からやりがいや給料事情まで詳しくご紹介します!
(画像= girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/09/meeting-2.jpg、『Lovely』より引用)

まず、営業アシスタントの仕事内容についてです。

私が働いていた広告代理店は、主に、アルバイト・パート・正社員の求人誌を発行しており、営業アシスタントの仕事内容はとても幅広いものでした。

求人広告の修正・校正・顧客確認

既に作成をしている求人データの、一部修正や校正(誤字・脱字が無いかの確認)を行います。

修正後は、原稿をお客様へ送付し、お電話で修正内容に相違が相違がないかの確認も行います。

営業の代理対応

外出をしている営業の代理で、求人誌のテキストや画像の依頼を専門の部署へ依頼をしたり、申込書を作成します。

営業に代わって、専門の部署の担当と納品日時について調整を行うこともあります。

代理作成をした申込書は、お客様へ送信し、返送していただきます。

申込書の対応(受注登録・未収金の確認など)

掲載が確定したお客様からは申込書を受領します。

受領した申込書は、専用のシステムで受注登録を行います。

毎日、入金予定日に支払いがされているかの確認も行います。