乾燥しがちな冬は、唇も荒れがちに…。唇が荒れているとリップメイクなどのノリも悪くなり、メイクの仕上がりにも影響がでてしまいますよね。今回は皮膚科医がリップケアの新メソッドを指南します。「ユースキン4ブロックリップマッサージ」で、マスクを取ってもキレイな唇に♡

乾燥の本格化で唇に過酷な季節突入!唇あれで見た目の印象も台無しに?!

ひび、あかぎれ、しもやけを治すビタミン系クリーム「ユースキン」を製造販売するユースキン製薬が、10代~40代女性1,000名に実施したアンケートでは、何らかの症状で唇が荒れていると答えた方が85%と、多くの女性が唇あれに悩んでいる事がわかりました。

「秋冬は、乾燥している事に加え、屋内と屋外との温度差や湿度差等、唇にとって過酷な季節。この時期は、クリニックにご相談にいらっしゃる患者様の唇あれが特に気になってしまいます。肌をケアする事も大切ですが、唇のケアも怠らないようにしましょう。」と語るのは、アオハルクリニック院長で皮膚科医の小柳衣吏子医師です。

さらに、秋冬はイベントも多くおしゃれを楽しみたい時期でもあります。しかし、唇が荒れていると、口紅のノリが悪いだけでなく、血色が悪い事でトレンドのナチュラルな色味の口紅がイメージ通りの発色にならない事も。

小柳医師は、「唇が荒れていると見た目の印象も変わってきます。唇あれが重症化する前にしっかりとケアをして、唇のうるおいと本来の血色を取り戻しましょう。」とアドバイスしています。

唇はほかの皮膚より角質層が薄く、ターンオーバーが早い 正しいケアができれば3日で改善も

唇は皮膚と粘膜の移行部で、他の皮膚とは異なり皮脂膜がほとんどなく、角質層が薄いのが特徴です。また、毛細血管がほかの皮膚より密集しています。

「唇のターンオーバーは3.5~10日間と唇以外の皮膚と比較すると早いため、正しいケアをすればそれだけ効果も得られやすい部位です。唇あれを改善するには、リップクリームの選び方と塗り方が大切です。」

「リップクリームには大きく分けて化粧品と薬用、さらに医薬品の3種類があります。症状に合わせて選びましょう。」と小柳医師は語ります。

製薬会社が皮膚科医監修のもと開発!リップケアの新メソッド

ユースキン製薬では、皮膚科医監修のもと、正しいリップケア方法として「4ブロック リップマッサージ」を開発しました。

担当者は「弊社では長年、手あれ・かかと荒れの正しいケア方法を提唱しています。そのノウハウを今度は唇あれに活かしたいと思い、唇あれに着目しました。」

「症状に合わせてリップクリームを選んだ後の正しい塗り方、それが『4ブロック リップマッサージ』です。この方法を夜のスペシャルケアとして実践していただくモニター試験を実施したところ、参加者全員の唇あれが改善しました。」と語ります。

右利きの人は唇の左下が荒れやすい?!モニター試験で分かった新事実

ユースキン製薬が皮膚科医監修のもと行ったモニター試験結果を受け、小柳医師は、唇には荒れやすい場所があること、唇あれがさらなる唇あれを起こす「唇あれスパイラル」があるということに注目しました。

「モニター試験を実施し、利き手の反対の下唇が荒れるなど、人によって塗り方にクセがあることが分かりました。リップクリームの塗り残しがあるのかもしれません。」

「また、唇あれが改善するとともに、唇をなめる・かむ・ギューっととじるという唇の刺激になるNG行動も減少しました。このことから、唇が荒れているから気になって、なめてしまっていたのではないかと推測されます。唇の荒れが荒れを助長する“唇あれスパイラル”につながっていたのです。」と分析しています。

「4ブロック リップマッサージ」については、「①割れやすい口角など全体にムラなく塗ることができる」「②唇をあまり刺激せずリップクリームを塗ることができる」ので、カサカサの軽度の唇あれから中程度の皮むけ・炎症をケアできるのでは…と評価しています。