現在の情勢により、住まいや働き方を含めた生き方を考え直したいと今後さらに地方移住を考える人々は増えていくと感じています。

そこで、地方移住するための1つの方法で、私も実際に経験した『地域おこし協力隊』という制度をご紹介します。

私は元兵庫県佐用町の協力隊だったので、佐用町を例に説明していきます。(2016年~2019年頃の情報なので、現在は一部変わっている可能性あり。)

※佐用町の場所は兵庫県の西に位置しており、岡山県の県境になります。

出典:佐用町

地域おこし協力隊とは

田舎でも働ける!地域おこし協力隊という働き方とは?
(画像= girlwork.tokyo/wp-content/uploads/2020/12/hands-1024x683.jpg、『Lovely』より引用)

出典:pixabay

協力隊は何かと一言でお伝えすると、

『都会から少子高齢化や過疎地域になっている地域へ住民票を移して移住し、それぞれの地域ミッションを行いながらその地域へ定着・定住すること』です。

詳細は以下のサイトをご覧ください。

出典:地域おこし協力隊/ニッポン移住・交流ナビJOIN

協力隊になるためのステップ

「皆さん。地方移住をして、その地域に住んでいる自分をイメージするとわくわくしてますか?」

これが0ステップだと考えます。

この気持ちがあるのを大前提として、次へ話を進めていきますね。

以下は実際に私が協力隊になったステップをお伝えします。

  1. 上記のサイトや町独自のHPなどで、地域おこし協力隊の募集要項を確認
  2. 神戸で佐用町が出展しているイベントに参加(本来は町に足を運びたかったが都合がつかず…)
  3. 協力隊の応募書類を郵送にて提出
  4. 佐用町役場で面接を受ける
  5. 合格がわかり、移住前に母と町を訪問し担当者に町を案内していただく
  6. 指定された住宅へ引越しを終え、住民票を移して移住完了

という流れで協力隊になりました。

3年の任期付き制度

協力隊は最大で3年間という任期があります。

佐用町の場合は1年ごとの更新制で、最大3年の期限付き雇用でした。

そのため卒業後の進路について、任期中に考える必要があります。

給与・待遇

自治体によって異なりますので、移住先の自治体の情報を確認してください。

佐用町の場合は役場との雇用契約があり、協力隊期間中においては最大3年間は給与(当時は17万円程)も保証されていました。※雇用契約のない自治体もあります。

また住まいとして指定された住宅を無償で貸与していたり、健康保険制度や社会保険制度等も保証されていました。

当時は佐用町に移住をするのにも安心感があったのを覚えています。

(平成28年度募集の場合)