弁財天がついている人の特徴とは?怖い?スピリチュアルな意味は?弁財天と弁天様の違い、弁財天の参拝方法なども解説します。

弁財天といえば、七福神の一人として有名ですよね。弁財天が祀られている神社もたくさん存在します。実は世の中には、弁財天に守られているような人もいます。縁起の良い神様ですので、自分にも弁財天がついているかどうか知りたいですよね。

そこでこの記事では、弁財天がついている人の特徴や、弁財天の参拝方法などについて解説していきます。

弁財天とは?

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

弁財天とは、七福神の一人とされる、女性の神様です。七福神の中の紅一点、とんでもない美しさの天女としても有名ですよね。

弁財天は水の力を持つ神様とされています。これはサラスヴァティーというインドにある川を神格化した存在ということから来ています。五穀豊穣や財宝、知恵、音楽、延寿を司る神様としても有名です。

実際に日本では、水に関わる場所に弁財天が祀られていることが多いです。私たちに幸福を与えてくれたり、金運を上げてくれたりする神様として有名ですので、弁財天を祀る神社に参拝に行く人も多いものです。

弁財天と弁天様の違い

弁財天と似た言葉で、弁天様という言葉がありますよね。しかしこの二つに違いはありません。弁財天を略した言葉が、弁天となり、そこに敬称をつけて弁天様と呼んでいるだけだからです。

また、弁財天と弁才天、どちらで表記するのかという問題もありますが、これは基本的にどちらでも間違いではありません。

元々は弁才天だったのですが、日本において弁才天が財宝の神様とされたとき、「才」の字をより意味がわかりやすい「財」にしました。そのため、日本においては弁財天と表記することが多いですが、弁才天でも間違いではないのです。

弁財天がついている人の特徴

『Spicomi』より引用
(画像=『Spicomi』より引用)

弁財天がついている人の特徴は、自分らしく生きている人です。自分が好きなことを仕事にしていたり、自己主張をハッキリできたりする人は、弁財天がついている可能性があるのです。

そのようにして自己表現をしっかりした上で、それを仕事として食べていける能力は、まさに弁財天から与えられた力なのかもしれません。多くの人を魅了する姿は、まさに弁財天そのものですよね。

また、人前で表現することが好きというのも、大きな特徴です。人前に立つことが苦手で、できるだけそのような状況になるのを避けて生きている人もいるでしょう。そのような人は弁財天がついている可能性は低いです。

弁財天がついている人は、人前で表現することが大好きですので、目立ちたがり屋であったり、自分から積極的に目立つことをしたりします。天性のスターのような存在ですので、そのような人を見たら弁財天がついているのかもしれないと思っておくと良いでしょう。

弁財天に好かれる人・縁がある人の特徴

弁財天に好かれる人の特徴は、明るい人です。明るくて周囲の人も笑顔にできるような人は、弁財天から好かれます。逆に暗くて、笑顔が少ない人は弁財天がつくこともないでしょう。

また、弁財天に縁がある人としては、水に縁がある人が挙げられます。弁財天は水を司る神様ですので、水に関わる仕事をしていたり、水と縁が深い場所で生まれたりした人は、弁財天に好かれやすいのです。

弁財天は怖い?

弁財天は私たちに幸せを与えてくれる神様ですが、怖い一面もあります。弁財天は気分屋なところがあるため、その機嫌を損ねると大変なことになってしまうのです。

あなたが弁財天と何か約束をした上で、願い事を叶えてもらったとしましょう。しかしあなたが約束を破ってしまえば、弁財天は激高することになります。どれだけ謝罪しても、なかなか怒りはおさまらないでしょう。

その結果、大きな不幸を招いてしまったり、大切なものを失ってしまったりすることもあるのです。

そのため、弁財天に願い事をするときは、嘘をつかないようにしましょう。嘘をついてしまうと、困るのは自分自身ですので、注意しておいてください。