神社やお寺にお参りした時のお賽銭の金額はいくらが正解なのでしょうか?500円・100円・50円・10円・1円玉の意味とダメな金額について解説します。また1000円札以上の高額の入れ方についても説明します。

正月の初詣から始まり、日本人は神社に行く機会が多くあります。神社にお参りするといえば欠かせないのがお賽銭です。

お賽銭をするときに悩むのが、金額でしょう。実は、お賽銭の金額にはそれぞれ意味があります。お賽銭の意味について理解しておくと、今後お参りする際に大変役立つでしょう。

こちらの記事では、お賽銭に入れる金額ごとの意味について解説します。

お賽銭はいくらが良い?高額が正解?

お賽銭といえば、お願い事をするために入れるものだと考えている人も少なくありません。そのため、高額のお賽銭を入れたほうが願いが叶いそうだと考える人もあるでしょう。

しかし、お賽銭は、願いが叶ったことに対するお礼です。そのため、お賽銭の金額自体に相場があるわけではありません。

感謝の気持ちを込めて、無理なく自分の身の丈にあった金額を入れると良いでしょう。強い願いを持ってお賽銭をしたいという場合は、神主に祈祷してもらうという手段もあります。

お賽銭500円の意味

500円は日本の硬貨の中で最大金額です。そのため「これ以上大きな硬貨がない」という理由から、「効果がない」と語呂合わせされています。

一見すると奮発したお賽銭に感じるため、ついつい張り切って入れる人も少なくありません。しかし、験担ぎという観点からは入れない方が良いでしょう。

お賽銭100円の意味

100円は、日本で投げ入れられるお賽銭の中でも最も多い硬貨です。財布の中に入っている確率が高く、お賽銭として入れやすい金額といえるでしょう。

100円玉には「100の縁」といった意味があります。

人と人の縁はもちろん、物やシチュエーションなど様々な運は「縁」が大切です。恋愛や仕事運など、ご縁を大切にしたい人に向いている金額といえるでしょう。

お賽銭50円の意味

5円玉の十倍の価値がある50円は、ご縁自体も十倍といった意味があります。そのほか「縁が十分に訪れる」や「五重の縁」といった意味もあり、しっかりと縁を紡ぎたい人におすすめです。

また穴が空いた硬貨なので「見通しがいい」とも言われます。50円玉1枚でも5円玉を10枚入れたとしても、同じ意味を持つので問題ありません。

お賽銭10円の意味

10円玉も意外とよく使うお賽銭ですが、実は注意しなくてはなりません。10円玉には「遠縁(とおえん)」に繋がり、縁が遠ざかるといった意味があります。

そのため、お賽銭を入れる際に10円玉だけを入れるのは避けた方がいいでしょう。例えば、1円プラスして11円にすることで、割り切れない金額になり恋愛ごとに向いているといわれます。

お賽銭5円の意味

多くの人がお賽銭として一番演技がいいと感じているのが5円玉です。実際「ご縁」を表す5円玉は、お賽銭に向いた硬貨といわれています。

また、50円と同様に穴が空いた硬貨なので、「見通しよし」といわれ、運気アップにもつながるでしょう。そのほか、5円玉を複数枚入れることで、重ねてご縁が訪れるといわれています。